第17回 でっかいチンコは、お好きですか? Dian Hanson『The BIG PENIS Book』

いやぁ、失態。失態。僕とあろうものが、なんたる失態。ろくでなし。連載始まって以来の不覚である。昨夜、死んだ祖母が夢枕に立った。祖母が言うには、「お前、前回の連載でチンコのことを書いていないじゃないか」と。「チンコのことを書かないとは、オカマの名折れ。あたしゃ、おちおち死んでられないよ」と。そうだ! 確かにそうだ。前回は、引用文の中で軽くチンコのことにふれているだけなのだ。おばあちゃん、ごめんなさい。今回は、心してチンコのことを書くからね。というわけで、今回紹介するのは、その名もズバリ。『The BIG PENIS BOOK』である。しかも、立体写真版の『The BIG PENIS BOOK 3D』なのだ!

816_1

むかし懐かしい、赤と青のセロハンを貼った紙製眼鏡が付属。それをかけて覗けば、名だたる巨根が目の前に飛び出してくる、という趣向。その持ち主は、「COLT STUDIO」といったスタジオ所属のモデルやゲイポルノ男優たちである。TASCHEN社である。1980年創立というからまだ新しい会社だが、ほかに類を見ない企画の本やユニークな販売方法で、世界でも最も有名な美術出版社のひとつとなった。Pierre et Gillesといったゲイ・アーティストを積極的に取り上げたことでも知られている。また、『Physique Pictorial』誌の完全レプリカを発行したりもしている。この『Physique Pictorial』とは、1940年代から発行されはじめるhttps://www.facebook.com/events/267145730139943/?source=1で。

7/25(金)は、銀座「おりぃぶぅ東雲と、アタシ。豪華ホステス陣がおもてなし。ポールダンススタジオ「TRANSFORM」の華麗なショウもあるよ!

Top