第11回 月々の保険料が安い医療保険ランキング発表!

最近は、お金のことだけに関わらず「不妊治療からの子づくり」から「ガーデニング」まで、幅広いご相談を受けることが多くなってきたファイナンシャル・プランナーTです。みなさま、ご無沙汰しております。

不妊治療のことは全くわからないので、専門的な方をご紹介させて頂きましたが、子づくりと言えば、先日Lの方がとても可愛い可愛い赤ちゃんを出産されて、パートナーさんとこれから子育てをしながら、幸せな家庭を築いていくんだな〜と微笑ましく幸せな気持ちをお裾分けして頂きました。

私自身も将来的にはジュニアが欲しいのですが、まずパートナーもいないし、いつ子供を作れるかもわからないからせめて今まだまだ元気!?なうちに精子の冷凍保存をしておこう!と思い立ち調べ始めました。ですが、どうやら精子の冷凍保存も簡単にはいかないようです。婚姻していなかったり、諸条件に該当しない場合は日本では難しいようでした。

もしこのまま私も私の兄妹も子供を授からなかった場合は、我が家のお墓を守って行く子孫達がいなくなるわけです。お墓も場所によっては放置していると撤去されることがあるようですね。もしお墓を守る後継者がいない場合は「墓じまい」をして、お骨は海や山に散骨をするという家庭も増えて来ているとか。

最近では「終活」とか「エンディングノート」という言葉を頻繁に聞くようになりましたが、ライフプランのとても重要な部分でもありますので、一度自分自身のエンディングプランを考えてみるのも良いかもしれません。

さて、こちらのマネーライフプランコラムですが、とても有り難いことにリクエストをたくさん頂いてまして 「具体的な保険商品を紹介してほしい」というご要望がかなり多いのです。

ということで今回は、私Tがオススメする保険商品第1位を発表…と参りたいのですが、保険選びはとても複雑で難しいものなのです。

まず具体的な商品を考える前に、日本で認可を受けて営業している生命保険会社が何社あるのかを皆様はご存知でしょうか?

金融庁のデータによると平成26年7月1日付けで43社になります。そしてその43社の生命保険会社が世の中に販売している保険商品の種類は、なんと900種類にも及ぶと言われています。いったいどこの誰がこの900種類の保険商品の中から自分に合ったモノを見つけることが出来るのでしょうか。

算数や数学のようにたった1つの正解にたどり着けるような単純なものではありませんので、まずはLGBTの保険の考え方として過去のコラムの7回目8回目にご紹介していますので是非ご一読ください。

さて、困りました。これではリクエストにお応えすることが出来ません…。
では今回は1番お問い合わせの多かった、医療保険の検証をしてみることにします。

大前提として、今回ご紹介する保険商品を皆様にオススメするわけではありませんし、その商品が皆様にとってマッチしていない可能性もありますので、自己責任でご判断ください。

現在の医療保険の構成として一般的な保障内容は

● 入院1日 ◯◯円
● 手術給付金 ◯◯万円

というものです。文字通り入院したら1日毎に支給される入院給付金と、入院して手術した場合に支給される手術給付金の2種の保障で構成されています。

今回は国内生命保険会社主要17社を比較検討した、月々の保険料が安い商品のベスト3を発表いたします。

※ 紹介した商品を購入されたことにより不利益を得た場合、運営側と著者には一切責任がなく全て自己責任でお願いします。また紹介するランキングにおいても同様で、諸条件の違いにより別の結果が出たとしても一切責任は負いません。

モデルケース1:被保険者35歳男性
入院5000円(1度の入院につき60日まで)手術給付金あり
終身保障/終身払い(一生涯保障が続き、保険料の払込みも一生涯払い続ける)

【保険料が安い商品ベスト3】2014年7月15日現在
1位:NKSJひまわり生命
保険料:1,350円/月
保障内容:入院5000円/手術給付金2.5万円

2位:オリックス生命
保険料:1,550円/月
保障内容:入院5000円/手術給付金2.5万円か10万円

3位:AIG富士生命
保険料:1,625円/月
保障内容:入院5000円/手術給付金2.5万円
※こちらは保険料免除特約がついています。詳細はこちらからご確認ください。

この入院と手術給付金だけのシンプルな設計に先進医療保障、通院保障、入院一時金、がん保障など各特約をつけていくことにより保障を充実させることが出来ます。ただ、その場合は特約分の保険料も上乗せになります。

また保障期間を終身ではなく10年更新型にした場合は結果が変わりますが、今回は割愛させて頂きます。医療保険の中には掛け捨てではなく、将来的に支払った保険料が戻ってくるというような医療保険もありますので、次回以降どこかで検証してみたいと思います。

皆様、今回の結果をどのように感じましたか?私個人としては、どれにも加入していません(笑)。その理由は……次回お話したいと思います。それではまたお会いしましょう。

Top