ゲイCNNアンカー「カミングアウト以降、僕の仕事は良くなった。」(The Advocate)

 

859_1

CNNレポーターでアンカーのリチャード・クエスト(52)は、2ヶ月程前にゲイであることをカミングアウトしたが、そのおかげでレポーターとしての能力が高まっていると評判だ。

クエスト氏と言えば、2008年にニューヨーク市内の公園にて、危険ドラッグ保持により逮捕された経験がある。また、その時に首から股間にかけてロープのようなものを巻いていたことも報道され話題になっていた。

「視聴者や同僚からの信頼を失うのではないかと恐れていたよ。」カミングアウト時の心境を語ったクエスト氏だが、正直に、そして心からの言葉で表現できるようになった彼のレポートは好評だ。しかし、ここまでの道のりは平坦ではなかったという。

「特にBBCで働いていた20代の時は、周りにバレるのが怖かったよ。取材でホテルに泊まる時、他のプロジューサーやカメラマンに拒絶されることを恐れていたからね。影でこそこそ何か言われているのではないかとか。」

今は、世界中に未だ残るゲイに対して厳しい法律の問題について、伝えていきたいと語るクエスト氏。「ナイジェリアでもウガンダでも、どこへだって行くよ。それが自分の仕事だからね。」今後のクエスト氏に期待が高まる。

▷原文を読む(英字)
Gay CNN Anchor: My Work Is Better Since Coming Out
http://www.advocate.com/

Top