第22回 陽の当たる大通りで涙が出るほど笑ったなら 口笛吹いて歩き出すの

銀座でメダリストの凱旋パレードがあって、50万人を超える大観衆が集った週末。

この勢いにのって、
「昔は日本にももっとイケメン外国人ゲイがいっぱいいたのに、最近は出がらしよぉ」とお嘆きの皆さんが熱く訴える、
外専パレードもぜひ!(語呂合わせ命オッサン)
その際には、とくに外専でもないアタシたちが、『肉体の門』コスプレで、ザギンがショバのパンパンチームとして参加するという嫌がらせもしたいものです。パラダイスを作るのさ!

てか、
パレードといえば、日本でも

2CHOPOさんがインタビューされたコチラの皆様

インタビュー:Save the Pride!代表&副代表

によるLGBTパレードが、8月11日に開催されたんですよね。

性的マイノリティー:性の多様性訴え600人がパレード

関係者の皆様、お疲れ様でした。

同一団体での主催継続が難しくなったり、同地域で複数のパレードが立ち上げられたりと、日本のパレードもいろいろと揺れ動いているようです。

ただ、たいして関わってもいない人間があーだこーだ言うのはブスだと思いつつ、10年以上前から3000人規模で続いていた日本のLGBTパレードが、ここに来て縮こまってる印象は否めませんよね。

ザギンの50万人は比較にならないものの、

10月に10周年を迎える台湾のLGBTパレードが、昨年の公式発表で5万人レベルに成長して(パレード参加者が多すぎて、2ルートに分かれる状態!)、「アジア最大」を謳っていることを考えると、
アジア初のパレード開催地であった東京が、こうなってしまったのは、初期から見守ってきたBBAG(ババアのゲイ)としては、正直ちょっぴり寂しいのねん。

そもそも公道でのパレードの根本の目的って
「私たちはここにいまーす」っていう存在の可視化、
だと思うので、

この連載でも語らせていただいた
「親兄弟や同僚、友人相手と違って、知られた後の関係を心配しなくていい分シンプル」なカミングアウトの初歩、
「赤の他人へのカミングアウト」を
集団による勇気底上げ+お祭り感でやってきた行為なんだと思うんです。

アタシは群れないと怖気づいて動けないようなチキンじゃないよ!という方なら、
普段から、カップル単位での堂々手つなぎ二人パレードをしたり、
お一人様での堂々女装パレード(新宿エリアなどで多発中)もできるわけですが、

そこまで強くない段階の方にとっては、
より多くの仲間と、「ここにいるのは、みーんなLGBTやそのお友達なんです」という安心感の上で、
「LGBTであることを自分で認め、沿道の赤の他人の皆さんにもそういう目で見られる体験」
をするというのは、けっこうな意味があったように思います。

「隠れている」から社会的にカウントもされないし、
カウントされない、存在しないものには、
それ用の権利ももらえないし、それ向けの人生スタイルも提示されません。

そんな中、90年代の「カミングアウトするなんてムリムリ痛い痛い」だった時代に、
パレードが「赤信号、みんなで渡れば怖くない」勢いで一歩踏み出させてくれたのは間違いありません。

ただその後、日本の場合はテレビでオネエブームがあったり、NHK-EテレでマジメにLGBTの現状が伝えられたりと、メディア主体の可視化が不思議と進んだ中で、
当事者によるアクションと意識のほうは、踊り場状態に来ているような気がします。

初期パレードにノリノリで女装参加したり、その後も長く取材や総合司会などで全国のパレードに関わらせていただいたアタシですが、
個人的に日本は、

アウェイな空間に権利を主張しに行くデモ行進型(パレード)より、
自分たちが作った楽しいホームにお客さんを招いて感じてもらうお祭り型(2丁目祭)
のほうが、より合っているかなーとは思ってたんですよね。

知らない人に唐突に見せ付けるという、コートのおじさん的行為より、一緒に変態パーティに参加していただくほうが、より変態が身につくんじゃないかなーと。(変態言うな)

でも、そんな2丁目祭りのほうも、今年はエリア減少などもあってか、どうも縮みぎみな印象でした。あーん。

そもそもパレードスタイルだって、海外のゲイパレードくらいの規模になってくれれば、街全体をお祭り化できるんですけどね。

その日を楽しみに事前に沿道が人が埋まり、
銀座で「愛ちゃーん!」と叫ぶオバさんばりに、
「ホッシー! エスムラルダー! でっかい金みせてー!」などと叫ぶ観光客(のくせに事情通)がいるみたいな。

本来は、経済効果も集客も、社会的影響もハンパない、マルディグラ(シドニーのLGBTパレード)のようなカタチを目指していたのかもしれませんが、
日本の当事者発信のパレードや2丁目祭りへの熱は、どうも落ち着いてきてしまっているようです。

掲示板にSNS、twitterと、どんどんメディアが発達し、
趣味の合う友達から、今晩のオカズ探しまで、
個々のニーズが小さな単位でほいほい実現できるようになり、
反面、大きな目的のための集団行動は難しくなっているのかしらね。

でもこの低迷期に、しょんぼりしてるだけじゃしょうがない。
一度落ちた後のブレイクって、けっこうすごいんだから。
今じゃ天上界レベルの美輪様も美川センセもおすピーさんも、
一時期は苦い水飲んでたんだもんね。

きっと日本のゲイパレードやゲイ祭りも、また再燃してくれるわよ。
うるさいジジババをなだめながら、若い子ちゃんたちも頑張ってねー!(結局、人まかせ)

Top