第73回 祝!重版決定!『レズビアン的結婚生活』

こゆき:おかげさまで、私たちのコミックエッセイ『レズビアン的結婚生活』(イースト・プレス)の重版が決定しました〜!

ひろこ:この本をたくさんの方にお読みいただけて、本当に嬉しいね〜〜〜。

こゆき:今回は重版を記念して、その後の「レズビアン的結婚生活」についてお話ししたいと思います。この本が発売されたのは今年の1月だけど、ひろちゃん、その後なにか変わったことってある??

ひろこ:そうだなぁ…。やっぱり、忙しくなったよねぇ。ありがたいことですが。

こゆき:そうだね! 会社を作ってお仕事するようになったもんね。私もコミックの中では、まだ家事もけっこうやっているように描かれているけど、今は…。なかなか手が回らない! もともと私たちレズビアンカップルには「性別役割分業」がないわけだけど、さらに話し合って決めたり、ときには外注したりするようになったね。

ひろこ:うんうん。2人とも本当に忙しい時期が重なったりして、いよいよ家事に手が回らなくなると、家事をあきらめる週間を作ったりしているよね。苦肉の策で(あまり大きな声では言えませんが、数週間は紙コップ、紙皿、割り箸を使ってしのいだことも…)。

話は変わるけど、コミックエッセイの家出事件のエピソード!(笑)あれは反響が大きかった。「ひろこさん大変そう!」という感想もあれば、「私も小雪さんみたいだからよくわかる…」という声もあったね。

こゆき:そうだね! 私もあの頃はまだ『なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白』を書く前で、カウンセリングを受け始めたばかりだった。精神的に今よりずーっと不安定で、ひろこさんにはずいぶん迷惑をかけたよね…。本当にごめんね。ちなみに、今では家出しません!(笑)

ひろこ:家出もしないし、ほとんどケンカもしない。ケンカしても仲直りまでのスピードがかなり早くなったね。小雪ちゃんの性格、だいぶマイルドになったよね、ここ1年くらいで劇的に(笑)。それにお互いにずいぶん優しくなったような気がするなぁ。

こゆき:そう思う! ひろこさんが優しくなって「ああ♡ 私、愛されてる♡」って、毎日思うよ♡

ひろこ:嬉しいことに、早くも『レズビアン的結婚生活』の続編を望む声も届いています。次は…『レズビアン的ワークライフバランス』?『レズビアン的妊活生活』?『レズビアン的子育て生活』???(←だいぶ気が早い。)

こゆき:いいねぇ♡ 本当に子どもが持てたら、L的な子育てコミックエッセイも出したいね!

ひろこ:そうだねぇ。まずは、本格的に妊活をがんばっていきたいなと思っています。時間もエネルギーも仕事ばかりに向いていると、なかなか妊活もたいへんだから…。子どもを持つことについては、中学生向けのよりみちパン!セシリーズから出ている『ふたりのママから、きみたちへ』(イースト・プレス)もぜひあわせて読んでほしいです。

こゆき:はぁ(溜息)私たちママになれるのかなぁ……。

ひろこ:大丈夫だよ〜、小雪ちゃん! いろんなことを一緒に乗り越えてきた私たちならきっと大丈夫。どんな未来が待ち受けているかわからないけど、じっくり考えて向き合っていきましょう。子どもを持つこと、育てること。すてきなLマザーの先輩たちもたくさんいるし!

こゆき:私もひろこさんと一緒なら大丈夫なんじゃないかなぁと思えるようになったのが、私自身も成長したのかな? と思ってるよ。ひろこさん、これからもよろしくお願いします♡

ひろこ:これからも仲良く、私たちらしい「レズビアン的結婚生活」を送っていこうね〜。

869_1

先日ふたりでご飯を食べに行ったら、コミックエッセイのマンガを描いてくださった、すぎやまえみこさんとバッタリ遭遇!!したときの写真です。

869_2

東小雪+増原裕子『レズビアン的結婚生活』(イースト・プレス)
http://amzn.to/1w6VJML

Top