第13回 差別的な時代に生きた、息子を探す母の物語『あなたを抱きしめる日まで』

ぜひともご覧いただきたい感動作がもうすぐDVDがリリースされるので、先取りでご紹介しちゃう!それが『あなたを抱きしめる日まで』。2013年のアカデミー賞で主要4部門候補入りしながら、日本での公開は今年春だったという遅れをとった傑作です。一見すると、どこにもLGBTQが見当たらない作品なんですが、けっこうなオチで大ネタ登場どうもどうも、となるので、もう観てるからネタバレ上等という方はこの先を読み進めて。ネタバレしたくない、という方。この後のストーリー解説だけ読んでネタバレ部分はとばして、DVDを即予約しなさい!

_D3S2096.NEF

では、ストーリー。1952年のアイルランド。未婚なのに子供を身ごもり勘当されてしまったフィロミナは、修道院に身を寄せる。同じような境遇の少女たちは、修道院で保護してもらう代わりに、無料奉仕の重労働を課せられていた。やがて彼女は息子のアンソニーを出産。面会は1日1時間と厳しく制限されていたが、彼女は懸命に働く。だが、アンソニーが3歳になったとき、修道院は彼を売り飛ばしてしまった。そのことを50年間秘密にしていたフィロミナは、人生の秋を迎えて、ひと目でいいからアンソニーに会いたいという気持ちを娘に吐露。娘は元ジャーナリストのマーティンに話を持ちかけ、彼も自分のキャリア再起のために、とアンソニー探しを手伝うことに同意する。かたや贅沢知らずの田舎のおばあちゃんフィロミナと、元トップジャーナリストでスノッブなマーティンによる珍道中が始まる。

この前半戦のストーリーだけでも、充分悲しい話よね。カソリック教会の力が強いエリア&時代に生きるって、そんな人身売買と強制労働がまかり通っていたなんて。もちろん実話ベースだからこそのリアリティ。じつはこの映画、脚本はマーティン役を演じたスティーヴ・クーガンが担当しているんだけど、フィロミナさん本人とこの作品を伴ってカソリックの総本山・バチカンに行ってるの。その際、なんと現在のローマ法王に接見のチャンスを得て、教会による差別的な背景の強制労働と人身売買にいちゃもんつけたのよ! これ、世が世なら打ち首よね……。幸い、比較的改革派とされる現法王のフランシスコ1世は、ちゃんとその申し出を受け入れたようだから、世界は変わってきたわね〜、と実感。そのときの記事はこちら(英語です)

_D3S8512.NEF

映画の中盤くらいまでは、いわゆるマスコミ勤めの都会人のマーティンと、田舎のおばあちゃんのフィロミナの凸凹コンビのやりとりがおもしろおかしく描かれるのね。たとえば、飛行機すら乗ったことがないフィロミナは、ビジネスクラスのサービスを初めてうけて、シリアスなアンソニー探しを忘れたかのごとくドリンクサービス受け続けたり。はたまた、アンソニーがいるらしいアメリカでのホテルの朝食も、ブッフェが初めてなもんだから大はしゃぎしたり。そのたびにマーティンはキレ、フィロミナはポカーンという構図。でも、後半から一転。

さて、ここまではネタバレなっしんぐ。ご安心。ここから要注意よ

アンソニーの足取りは意外なほど簡単につかめるのね。アメリカ人の養子になったという手がかりだけで、そこまでいけたのは奇跡的(たまたまアンソニーが立派に育って、政府の仕事をしていたから検索しやすかったということもある)。でも、その奇跡には悲しい結末が待っていたの。まずアンソニーはもうこの世にいなかった。そして、そのアンソニーはゲイだった。しかもエイズで死んでいた。

保守的な田舎に育ったフィロミナがそれを許すか?と思うでしょ?それが違うのよ!「息子は子供の頃からゲイだったかもしれないわね」とポツリ。死んだことを伝えるときよりも躊躇していたマーティンがズッコケるほどの衝撃。

_D3S7968.NEF

なんでこのオチを言いたかったか、それは、母親って本当に息子のことをよくみているものなのね〜ということを伝えたかったの。だって、キリスト教保守系団体は『アナと雪の女王』ですら「同性愛を助長する!」と大騒ぎしたじゃない。ましてや、保守的な修道院で勘当生活を送ったフィロミナがよ、そんな事実を到底受け入れられるわけがないと思うわけよ。ところが彼女が気にしていたのは、アンソニーは強制的とはいえ自分を捨てた母親のことを愛してくれていたのかということだけだったの。母、強し。

そしてネタバレついでにもう一つ。アンソニーは共和党のおつきの弁護士だったんだけど、彼が死んだ裏には、フィロミナが彼を失った理由と同じく保守的な背景があったのね。当時の共和党は、主たる支持層の保守派が「エイズは同性愛者にもたらされた天罰」と考えていたから、抗エイズ新薬の開発を妨害していたの。その案件を扱っていたのが、ほかでもないアンソニー。自分で自分のクビをしめつつ、エイズで亡くなってしまったという悲しさ。こんな運命ってある!?母親も、その生き別れた息子も差別的な背景に苦しめられただなんて。

_D3S9164.NEF

なにはともあれ、これは是非とも観ていただきたい傑作。ゲイ人気爆裂のジュディ・デンチ様主演というのもフックになるでしょ?(笑) あ。こんだけネタバレしましたが、本当の大オチはまだ秘密にしてあります。だから、観てね。

 

881_5

<作品情報>
あなたを抱きしめる日まで
監督:スティーブン・フリアーズ
脚本・出演:スティーヴ・クーガン
出演:ジュディ・デンチ ほか
販売:ハピネット 発売:ファントム・フィルム
DVD 3900円 10月2日発売
(C) 2013 PHILOMENA LEE LIMITED, PATHÉ PRODUCTIONS LIMITED, BRITISH FILM INSTITUTE AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED

Top