アメリカよりLGBTの権利が手厚い国10選(LGBT NEWS)

 Comment  ニュース   LGBT  LGBT NEWS              

 

922_1

1.アルゼンチン
ワールドカップは惜しくも準優勝に終わったが、LGBTの権利推進は進んでいる。
2010年に同性結婚が合法化されている。トランスジェンダーに関する法整備も進んでいる。

2.イングランドとウェールズ
以前からも同性愛カップルは認められていたが、今年の3月に同性結婚が法的に認められた。

3.ルクセンブルグ
LGBTの権利を支持するザビエル氏の活躍により、同性愛者の結婚が合法化。

4.ニュージーランド
同性愛者による労働組合の働きにより、ゲイの人々が合法的に結婚する法律が制定された。

5.カナダ
カナダは以前より、同性愛者の権利を認めている国の一つであり、2005年に同性結婚の法案が可決した。

6.オランダ
世界で初めて同性結婚を合法化した国。同性愛者のフォロー改革が今後も期待される。

7.スペイン
同性愛者であるため雇用が差別されることがないように法律が制定されている。

8.南アフリカ
アフリカ大陸の国で初めて同性愛者の結婚を2006年に合法化。

9.アイスランド
2013年までアイスランドの首相を務めていたヨハンナさんはレズビアンであり、法整備が進んでいる。

10.ベトナム
法で認められてこそいないが、比較的受け入れられている風潮があり、同性結婚をしても法的な罰則などはない。

▷原文を読む(英語)
10 Countries That Are More Progressive With LGBTQ Rights and more gay friendly Than The United States
http://lgbtfeed.com/post/countries_that_are_more_progressive_with_lgbtq_rights_and_more_gay_friendly_than_the_united_states
▷出典
LGBT NEWS
http://lgbtfeed.com/

 2014/10/12 06:00    Comment  ニュース   LGBT  LGBT NEWS              
Top