英クリスチャンシンガー、ヴィッキー・ビーチングが同性愛者をカミングアウト(LGBT NEWS)

 

928_1

ロンドン出身のクリスチャン・シンガーである、ヴィッキー・ビーチングさん。現在35歳である彼女は、イギリスで歌手としてのキャリアをスタートした後、20代前半でアメリカに活躍の場を移し、その後人気を博している。

アコスティックギターをかき鳴らしながらエモーショナルに、時にパワフルに歌い上げ、北欧特有の爽やかなエッセンスが含まれたヴォーカルが彼女の魅力。

そんな彼女であるが、2009年に肌が赤みや紫のパッチを引き起こす珍しい病気である、限局性強皮症に悩まされれていることを発表し、2014年、同性愛者であることをカミングアウトした。

「カミングアウトすることには非常に勇気が必要だった。私自身女性に惹かれていることに気がついたのは12歳の時から」と彼女はインタビューで答えている。

▷原文を読む(英語)
Christian Rock Star Vicky Beeching Comes Out As Gay: ‘God Loves Me Just The Way I Am’
http://lgbtfeed.com/post/christian_rock_star_vicky_beeching_comes_out_as_gay_god_loves_me_just_the_way_i_am
▷出典
LGBT NEWS
http://lgbtfeed.com/

Top