第82回 講演会でよく聞かれる質問ベスト5

こゆき:先日、立教大学で講演させていただきました。200人もの方がご参加くださり、大盛況となりました! 改めまして、みなさま本当にありがとうございました。

972_1

講演会後、参加者の方々と

ひろこ:私も久しぶりに小雪ちゃんの講演のサポートをしたのだけど、講演会はエネルギーいるよね。おつかれさま。

こゆき:ありがとう♡

講演の後半は質疑応答にしていて、いつもたくさんの質問を寄せていただきます。そこで今回は、講演でよく聞かれる質問ベスト5にお答えしたいと思います!

972_2

■第5位「同性婚は日本でも実現すると思いますか?」

ひろこ:同性婚に関する質問ですね。答えは「すると思います」です。私と小雪ちゃんで予想は違っています。あまり根拠のある数字ではないんだけど、希望的観測で、私は5年以内に実現するのではないかと考えています。アメリカなど世界の動きもあるし、2020年には東京オリンピックもあるしね。

こゆき:私も、私たちが生きている間には必ず実現すると思っています。ただ私はこれから10年くらいかかるのではないか? と考えていますよ。日本にも同性婚やパートナーシップ法の制定を目指す団体や署名活動もありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

■第4位「性虐待を受けたからレズビアンになったのですか?」

ひろこ:小雪ちゃんは性虐待のサバイバーとして、家族関係についてもお話ししているから、これはけっこう気になる点なんだと思います。

こゆき:そうだね。これに関しては特に神経を使って、丁寧に答えさせてもらっています。というのも、私はレズビアンの代表ではないし、性虐待のサバイバーの代表でもないわけなので。レズビアンの人にもいろんな人がいるし、性虐待のサバイバーの人にもいろんな人がいます。だからあくまでも「私は」というふうにお答えしているの。

私はね、「性虐待を受けたからレズビアンになった」という単純なことではないし、だからといって自分が受けてしまった性被害が自分のセクシュアリティに全くなんの影響もしていないかというと、それも違うんじゃないかなと思っているの。
ただね、性被害を受けた人で異性愛の人もいれば同性愛の人もいるし、レズビアンの人で性被害を受けたことがある人もいればない人もいます。だからこれは単純化して話せる問題ではないなと思っています。

■第3位「ひろこさんとのデートにはどこに行きますか?」

こゆき:お次はこちら、いいですね♡ ほっこりしますね♡

ひろこ:真面目な質問とゆるめの質問と、いつも色々まじっているよね(笑)。
私が一緒に講演会に行ったときに、「小雪さんとひろこさんが目を合わせたりひろこさんが小雪さんのサポートをしたりしているのを見て「ああ本当にカップルなんだな」というのが伝わってきました」という主旨の感想が複数届いて、驚いたことを覚えています。自分たちはごくごくフツーにしているのに、それが一番説得力があったりする。裏を返すと、まだまだLGBTの存在が目に見えていないんだなぁ、ということ。本当は言えないだけで、すごく身近にいるのにね。

こゆき:さて、お答えは…
やっぱりディズニーデートかなぁ♡ でも今年はお仕事が忙しくてまだ一度も行けていないのです!あぁ残念。私たちは映画が大好きなので、社会派の映画を一緒に観に行ったりもしますね。お買い物にはあまり行かないかなぁ。イベント的な感じだと、プラネタリウムとか、花火とか。←そこでプロポーズしたんですよ♡

■第2位「カミングアウトされたとき、どうしたらいいですか?」

ひろこ:カミングアウトされる側からの質問。

こゆき:また最近は「アライ(支援者)としてできることはなんですか?」というのもたくさんいただいて嬉しいです。

ひろこ:カミングアウトされたときにはまず「大切なことを話してくれてありがとう」と伝えてほしいです。当事者はその人を信頼して、すごく緊張しながら大切なことを打ち明けるので、まずはこの一言があるとほっとします。否定されてしまうんじゃないかと恐れていることが多いので。

こゆき:それから「わからないことがあるから聞いてもいい?」とか「まだLGBTについてよく知らないこともあるから、よかったら教えてね」とか、今すぐに全て理解しているわけではないけれど、これからも関係性を築いていきたいという気持ちを伝えられるといいですね。

ひろこ:アライについては、まずはその気持ちが嬉しいです。すでに一緒に生きているLGBT/セクシュアル・マイノリティのことを、周囲に伝え続けてもらえるのが一番力になると個人的には思っています。

■第1位「親へのカミングアウトはどうでしたか?」

こゆき:当事者の方からで多いのが、親や家族など、身近な人へのカミングアウトに関する質問。

ひろこ:関係性が近ければ近いほど、カミングアウトのハードルが高くなりますよね。私の場合は、自分のエピソードをお伝えして、とにかく時間がかかるかもしれないから、最初にカミングアウトしたときにもし望む反応じゃなかったとしても、長期的な視点でとらえてほしい、ということをお伝えしています。カミングアウトは「点」ではなくて「線」なので。

こゆき:というわけで、駆け足でしたが、よく聞かれる質問ベスト5をご紹介してきました。本当はそれぞれ(デートの質問以外)、それだけで数時間語り合えるテーマなので、講演会でも簡潔にしかお答えできませんが、これからもたくさんのご質問をお待ちしています!
次の講演会は11/20(木)に名古屋です。くわしくはブログをご覧ください。

Top