第91回 アートに癒される!「自分のなんで実験室」展体験レポート

 

ひろこ:何をしているところでしょう?
6f124f6f4cd5ca075a17dc398f7a7af1
8050804ffc86a52cbcd48404b2941f42
こゆき:答えは、アートと戯れる私です(笑)
「アート」って、難しくてわからない!なんて思っていませんか?
これらは現在開催中の「自分のなんで実験室」展にある現代アート作品。「現代アートと幼児教育」というテーマで、1/18(日)まで四谷三丁目のCCAAアートプラザ にて開催されています。
ひろこ:この展示、ほんとうに楽しかったね! 子どもはもちろん、つい日常生活に追われて心の余裕とかアソビの部分を失いがちな大人も200%楽しめるアート展で、わくわくどきどきしながら自分を見つめ直せる素敵な企画です。
こゆき:実はわたくし、最近ちょっとウツっぽくて…。冬場って気が滅入るじゃないですか…。家に籠って仕事をしていたら鬱々としてきちゃって…。
「自分のなんで実験室」展で、トイレットペーパーをカラカラしてみたり、自分のいらないもので街を作ってみたり、手を動かしているうちに大きな発見があって、すごく癒されたんだよね! これにはびっくり!「生産的な活動(と自分が思っていること)にだけ価値があるのではないんだ!」とか「一見、無駄に見えることがすごく楽しい!」とか、そんなことが次々に心に浮かぶのです。展示の仕組みが非常に洗練されていて、そのときその人に必要なことに気付けるのではないか?と思いました。
ひろこ:そうそう、まさにアートセラピーだったね。私も仕事で疲れ気味でしたが、素晴らしいアート作品に触れて元気をもらえました。性別について考える作品もありましたよ。カミングアウトの問題を抱えていたり、大きな悩みがあったり。まだまだ生きづらさや課題をたくさん抱えがちなLGBTの人たちにとっても、きっと何か気づきをもらえるはず。超おすすめのアート展です。
こゆき:私たちは11日(日)に開催されたトークセッションに出演させていただきました。女優の東ちづるさん、歌手の矢野デイビッドさん、ブラインドサッカーの加藤健人さん、そして私たちというまぜこぜの出演者陣でした。同じ作品についても矢野さんの感想は全然違ったものだったりして、それもおもしろかったなぁ。
ひろこ:私たちは同性カップルとしての経験や「見た目と固定概念」などについてお話しさせていただきました。質疑応答も盛り上がりました!
89c1a5013d2ec6ad8c66d6467b036f30
こゆき:「自分のなんで実験室」展は1/18(日)までの開催で、展示は18:00まで(*最終日は17:00まで)なので、時間に注意しておでかけくださいね。
★くわしくはこちら★

1/10〜18開催! 現代アート × 幼児教育「自分のなんで実験室」展

公式ホームページ:
http://nande-jikken.jimdo.com/

Facebookページ:

開催期間:
2015年 1月10日(土)〜18日(日)10:00〜18:00
※ 最終日のみ17:00まで
※ 1月15日(木)はお休みです
ひろこ:現代アートといっても、気がまえることは全然ないので、お気軽に遊びにいってみてください。予定を調整してでも行く価値のある、体験型のアート展です。私たち、展示には1時間だけしかいられなかったから、もう一度ゆっくり参加したいよね。ジャージとか、動きやすい格好で(笑)
f6dafcc58d73de30fbb6f87bcc3efbd9
9aae1aa1b0a3a01b0ff4f47bb3303b46
こゆき:楽しい様子が写真で伝わったでしょうか? 今後の私たちの発信に、もっとアートの要素も取り入れていきたいな、という新たな刺激をもらいました。大切な人と一緒に、あるいは自分と深く向き合うためにひとりでなど、いろいろな楽しみ方があると思うので、気になる方はイベントページをチェックしてみてくださいね。

 

Top