第94回 30歳の誕生日に考えた、家族のこと

こゆき:先日、一橋大学の佐野書院で行われた『親密な関係にかんする市民権〜異国籍同性カップルが日本で子どもを産み育てる場合〜』に参加してきました。

d9abca98c6d5a421e0670dff66b5e69c
会場には発表者の青山さんとパートナーの方、そして生まれてきたおふたりの赤ちゃんも!
レズビアンマザーの先輩がいらっしゃるということ、そしてそのお話を直接聞けること。本当にありがたい、貴重な時間でした。
ひろこ:知人からの精子提供で子どもを授かったレズビアンマザーとその赤ちゃんが、大学の公開講座に登場というのは、日本ではかなり画期的で先進的なことなのではないでしょうか? 具体的なお話の数々がとても興味深く、いい刺激を受けました。
こゆき:今私たちが、精子提供候補者の方とお話を進める中でぶつかっている壁や悩みについて、前に進むヒントと勇気をたくさんもらうことができました。ひろこさんとふたりで参加できて本当によかったです。
さて私事ですが、2月1日に30歳になりました。ついに30代です! 前日からひろこさんと都内のホテルに泊まって、のんびり過ごしていました。
f5e9bd2cdad99dba7319f5d1e26a21cc
結婚式からもうすぐ2年経つことや私たちの会社のこれから、そして子どものことをふうふでゆっくり話し合うことができました。
「さて、これからも頑張っていきましょうね」と、ふたりで帰宅して家のドアを開けると…
ぱん! ぱぱーん!
「小雪ちゃん、お誕生日おめでとう!!!」
誰もいないはずの自宅から、なんと、ひろこさんのお父さんとお母さん、そして拙著『レズビアン的結婚生活』にも登場する、仲良しLカップル&Gカップルの計6人が出てきたのです!
「えっ?! えっ?! なんで? どーして?!」
なんと家中に飾り付けがされていて、テーブルには手作りのご馳走が! そして美しくてゴージャスな生け花まで♡
ff7cba474d1d41bb519c34b7bc49175e
34a78b01ab74db4c0521b88c68cde813
a14d39b9d4b33f8aadda1df10fb1cf47
e46dc459f404a6485c862c6f85526aed
そして、驚く私…

ひろこさんが昨年末からみんなにこっそりお願いして企画して、私たちが出かけている間にサプライズパーティーを準備していてくれたのです! 本当にびっくりしました!

588c16bfafb8cc1dae80c78838c0c8ac

ひろこ:サプライズ大成功。手づくりで温かいパーティーだったね。
こゆき:ひろこさんのサプライズ力に驚かされました! 準備期間1ヶ月以上。全く気づかなかったよ? みんなから、ひろこさんが浮気しても気づかれないね、なんて冗談言われるほど(笑)
優しい人たちの愛に包まれて、この上なく幸せなお誕生日を過ごすことができました。みんな、心からありがとう!
私の周りには本当に優しい人たちがいてくれて、支え励まし、いつも力をくれます。私は生まれた家族には恵まれなかったかもしれないけど、今はとっても恵まれています。
しかし、私は「自分には血のつながった家族がいない」ということを、まだ完全には乗り越えることができません。
「どんな家庭に生まれるか」「どんな親に育てられるか」が、子どものその後の人生に非常に大きな影響を与えるとも思っています。
だから自分が親になることを考える今、生まれてくる子どもをしっかり愛する力のある人間になりたいと思っています。
私が「愛されている」と実感できた人間関係に、血のつながりは関係ありませんでした。近い将来ひろこさんが生むかもしれない赤ちゃんと私は、生物学的なつながりがありません。私は自分の経験からも「血のつながりではない家族」を築いていきたいと思うのです。
あらためてそんなことを考えていたら、サプライズパーティーのあと、涙が止まらなかったよ〜。
ひろこ:泣き虫こゆきちゃんがきていましたね。私もとても幸せな時間をすごすことができて、心の充電満タンになりました。30代もさらに笑顔あふれる時間を過ごしていこうね!

 

Top