同性愛をテーマにした写真展「“好き”に変はない展」絶賛開催中!

「“好き”に変はない展」とは、日本セクシャルマイノリティ協会が発足した同性愛がテーマのクラウドファンディングプロジェクト。目標金額を達成し、写真家・青山裕企氏の協力の元、2月9日(月)から2月15日(日)まで新宿のフォトギャラリーPlace Mで開催している写真展。一体どのような写真が展示されているのか? 開催初日のレポートとともにお届けしていく。

65fb02205c13bcdeb58fd4b0b1c1f23d
 Twitterなど、SNS上でも連日盛り上がっている

人が“好き”を意識するバレンタインシーズンに開催

展示会場では、“好き”をテーマにさまざまな角度から一瞬が切り取られ、その横には印象的なコピーが添えられていた。このキャッチコピーは同性愛者からの言葉が並べられており、そのリアルな声に同性愛者からはもちろん、異性愛者からも大きな共感を呼んでいる。

展示会名に「同性愛」や「ゲイ」「レズビアン」という言葉をあえて使わなかったのは、異性愛者も同性愛者も「一人ひとり“好き”のカタチはちがうから」。「一人ひとり好きになる人や性別は違うけど、その好きの思いに違いはない」というメッセージが込められている。

c97c24dfbf3da0a32ce19d1fabefab32
2b93945b30fba8db7052108ae05bf00d
写真家の青山裕企氏の代表作は「ソラリーマン」「スクールガール・コンプレックス」などで、
同性愛をテーマに写真や映画なども撮影している

 

582aab8ceb1e3172497ec6f8d6422ddd
会場には来場者が自由に書き込めるノートがあり、たくさんのメッセージが添えられていた

2月14日(土)にはトークイベントを開催予定

写真家の青山裕企氏をはじめ特別ゲストが登壇予定となっている。また、展示会の公式サイトでは現在一部の写真が公開中。開催期間が迫っているのでこの機会に展示会場へ足を運び、「“好き”ってそもそも何だろう」と展示写真を見ながら、考えるきっかけを作ってみては?

【トークイベント詳細】
日時:2015年2月14日(日)19時~
参加費用:1人900円
参加人数:先着40まで
応募方法:参加希望の人は下記まで名前と参加人数をメールでお送りください
宛先は“好き”に変はない展 事務局suki.ni.henha.nai@gmail.comまで

 


写真家・青山裕企のサイン付き写真集を1名様にプレゼント

2CHOPOユーザーの方の中から、「“好き”に変はない展」の作品を納めた青山裕企氏のサイン付き写真集(非売品)を1名様にプレゼントいたします!
専用フォームからご応募ください!!

【応募対象】2CHOPOユーザー
【応募方法】こちらの専用フォームからご応募
【応募期間】2015年2月12日から2015年2月27日まで
【当選賞品】写真家・青山裕企氏 サイン付き写真集(非売品)
【当選者の発表】賞品の発送をもってかえさせていただきます
●個人情報
ご登録いただいた個人情報は当選賞品の発送およびそれに係るご連絡ならびに個人を特定しない統計的情報の作成にのみに使用いたします。
●免責
本プレゼントキャンペーンへのご応募に関してユーザー様に発生した損害について、一切の責任を負いません。

▶ご応募はこちら

 


『“好き”に変はない展』
日時:2015年2月9日(月)~2月15日(日)
会場:フォトギャラリーPlace M
東京都新宿区新宿1-2-11 近代ビル3F [アクセス詳細]
入場料:無料
時間:12:00~19:00
公式サイト:http://sukiten.jp/index_ja.html

1cfa019ad5f00ee4493c0b2a2fecad1f

 

Top