Vol.9 トランスジェンダー|如月音流がトランスした話④

日々春めいてゆきますね。花粉症で否応無しに春を痛感しています。如月音流です。今回で如月の手術のお話は最後にしたいと思います。なんとか纏めたい! という訳で早速。

26f2a13b1eca2458d34b1171af9b103f

決して美味しいとは言えない食事をとって友達から届いているメールをなんとか見れるくらいにまで回復しました。と言っても相変わらず景色はぼやけていますが、なんとか返信をしました。応援メールも沢山ありました。ありがたいですね。

消灯時間が過ぎ、眠る訳ですが、なかなか寝れません。顔中に包帯やガーゼ、ギブスがついている状態で口も開きませんから眠りに落ちると呼吸がしにくくなります。唇を自分の指で広げてやっと息が吸える状態なので。眠りに落ちた瞬間に指が外れて苦しくて目が覚めるの繰り返しです

初日の夜は苦しかった記憶しかないですね。翌朝の食事も昨晩とほぼ同じ内容で、薄いみそ汁と米風味のお湯とジュースです。翌日にもなるとかなり気分的には前向きになってきました。頭に繋がっていたドレーン(血を抜く為のチューブ)もはずれ、顔の包帯も少なくなっていきます。ベッドから起き上がって自分でトイレに行けるというのが新鮮な感じがしました。トイレの鏡で初めて自分の顔を見ます。ガーゼや包帯が少なくなり、肌の露出も増えて自分がどういう状態なのか良く分かるようになります。 第一印象は「丸いな……」でした、まだまだ腫れがひかず瞼も一重でした。それでも自分の顔がかなり女性らしくなっているという事だけは分かりましたね。

入院は5日間でした。2日目、3日目とものすごい勢いで回復していくのが目に見えて分かります。3日目の夜には頭も洗ってもらいました。術後の傷跡があるので短い時間でしたが気持ちよかったです。このときに頭の傷を止めているホチキスの様な金具(糸では縫っていません)も半分だけ取ってもらいました。銀のトレイに金具が落ちる音が気持ちよかったです。なんか拘束から解放される感じで(笑)。この頃には、もう顎のギブスも外れ口も開くようになり固形物が食べられるようになりました。何を食べたかは覚えていませんが食事にものすごい時間がかかったのは覚えています。唇と歯茎に麻痺が残っていたのでうまく噛めませんでした。

4bc29d4d5c9d9923c44e5c0bfe885086

5日目で退院です。あっという間の入院生活ですがたった5日でよくもまあ、ここまで回復するなと驚きました。点滴やドレーン、カテーテルに繋がれていた手術直後から包帯やギブスが全て外れた状態の今日。人間の回復力の凄さを実感しました。

しかし、後遺症が全くない訳では有りません。右の顔半分の感覚が少し鈍くなり右目がしっかり開きません。そして、目の焦点を合わせる事が出来なくなっていました。帰りの階段で足下の距離感が分からず踏み外しそうになる程です。手術で骨を削って、皮膚をはがしているので細い神経は切断されてしまいます。それをまた元に戻したからといってすぐに感覚が元通りになる物ではありません。しばらくの間は距離感がつかめず苦労しました。ですが、それも2週間程で回復しました。今では全く問題はありません。

顔の右側の感覚は今でも少し鈍く、薄いゴムのシートの上から触られている様な感覚です。右目の焦点は合いますが大きくあけるときに少し違和感が有ります。顎も同じく薄いゴムシートの上から触っているような感覚。手術後2年程度かけて後遺症は良くなり、一定の回復の後それ以上は私の場合、回復しなくなりました。でも、殆ど気になりませんけどね。ちゃんとリハビリとかしたら良くなるのかな? 私はこれでもまだまだ後遺症は少ない方で、聞く話によるともっと後遺症がある方も場合によってはいらっしゃるみたいですね。

こうして如月の今の顔というか骨格が作られた訳ですが、私自身は結構気に入っていますし、やって良かったと思っています。もしこの記事を読んで整形してみようかな? と思う人がいらっしゃったら私のコラムを読んで、考えるキッカケになってくれたらと思います。

今日はこの辺で。

Top