#28 僕らは毎朝ヨガります – 瞑想・マインドフルネスのススメ

 Comment  連載   みっつんのLondon Days              

 

ヨガで瞑想と聞くとみなさん何を思い浮かべるだろうか。哲学、宗教、スピリチュアル? 得体のしれない感じで敬遠しがちな方も多いと思う。しかしその瞑想、”マインドフルネス”という言葉とともに、こちらの新聞やメディアでも本当によくでてくる。それは僕がヨガを教えているから目につくというだけではないはずだ。
1b933778eb85e9d5e19b6394c3dea8ab
ガルダーサナ (鷲のポーズ)
セレブリティや大企業のCEOなど、成功する人はみんなやっていると謳われ、瞑想やマインドフルネスのクラスが大学やオフィスなどいろんなところで行われていたり、スマホのアプリなども増えている(お勧めなのは – 座禅アプリ “Undo”)。最近ではBBCラジオを聞いていてもマインドフルネスをいう言葉をよく耳にする。あくまで僕の肌感覚だが、一過性のブームでもなく、人間にとって必要なスキルのひとつとして人々の間に定着してきた感じがする。
で、それって要はなんなの? って方のためにざっくり説明すると、マインドフルネスっていうのは瞑想(メディテーション)によって得られる技術。目を閉じ、呼吸に意識を持って行き、自分の体や心、考えや感情、をCTスキャンのように意識的に俯瞰的に眺めることによって、その良し悪しを決めるようなことはせず、ただ観察をしてその瞬間のありのままの自分を受け入れていくこと。
効果としては仕事の能率が上がるとビジネスマンに人気だし、不眠症や不安症などのメンタルヘルスの改善のために、イギリスの国営医療サービス “NHS” も治療の一環として取り入れている。ちなみによくある先入観だが、瞑想は頭の中を空っぽにすることではない。
僕がヨガを教えるときも、どんなに短いクラスであろうが瞑想・呼吸法の時間をとりいれている。つい先日も桜が咲き始めたセント・ジェームズパークでヨガイベントを開いたのだが、仲のいい先生にお願いし、僕のアーサナ(ポーズ)のクラスの前に、瞑想のみのクラスを30分行ってもらった。(その様子は参加者の一人がブログに書いてくださったので、良かったらこちらから)
d0302a2fb607ba84e9b4f34af8448df6
ウォーキングメディテーションと呼ばれる歩きながら行う瞑想。目は開いて、正面のみを見続け、かなりゆっくりめで歩く。五感から入ってくる情報に囚われず、自分の内に意識を集中させることで、マインドフルネスを培っていく方法。
僕とリカは、ほぼ毎朝軽いヨガアーサナと、15分の瞑想をしているが、それは僕がヨガの先生をしているからではない。きっかけは去年二人で一緒に訪れた京都の禅寺、妙心寺・春光院さんでの座禅のクラスだった。こちらは宿泊施設もあり二泊お世話になったのだが、その理由が二つあった。
ご存知の方も多いと思うが、こちらは同性カップルでの結婚式を執り行ってくれるということでよくニュースにもよく取り上げられていたお寺である。どんなお寺なのか興味津々だったのと、座禅のクラスを英語で行っているということで、リカがどうしても行ってみたいと行くことにしたのだ。座禅のクラスは、素晴らしいお部屋やお庭などの環境に囲まれ大満足のものになった。
そしてロンドンに帰ってきてからも、それを続けようということで、始めたわけである。今は一緒にしているが、もともとはリカがひとりで始めていて、後から僕も参加するようになったのだ。もともと朝が弱い僕は、「いつもヨガのクラスでやってるから」と言い訳をしていたのだが、実際に始めてみて続けていると今までとは違うことに気づきはじめた。それはもちろん自分の体と心をメンテナンスするという意味での好影響は言わずもがなであるが、パートナーと二人でやることによっての、良さに最近気づきはじめている。
ある日、いつものように15分の瞑想の時間が終わると、胸の前で合掌し膝の上に手を置いた。僕ら二人ともまだ目は閉じていたが、隣に座っているお互いの手が触れるか触れないかぐらいの感覚を感じとっていた。そしてお互いどちらからともなく、自然に手を握りその温もりを交換し始めた。
長い付き合いになってくると、お互いの存在が当たり前になったり、喧嘩をすることだってあるが、何も言わずに並んで静かに座る時間を15分を毎日持つことで、言葉で伝えるよりも、もっと深い部分で繋がれる時間が持てたような気がした。

ちなみにマインドフルネスは、誰かから教わって得られるものではなく、自分自身での気づきの過程を味わっていくものだと思う。もしあなたが瞑想を始めたら、あなたらしい自分に気づいていくことだろう。僕がここに書いたようなことはあなたは感じないかもしれない、でもそれでいい。How To本のような誰かの成功例を読むのも悪くないが、あなたのことを一番よくわかっているあなたに聞くほうが、成功もしくは幸せに近づけるというものだ。人の成功と同じようにあなたが成功しても、あなたが幸せに感じるとは限らないから。

そして瞑想するときだけマインドフルネスを持つのではなく、そのマインドフルネスを普段の生活でも持てるようにできれば、人生の一コマ一コマがとても豊かなものになると信じている。

5233ad5167df974120fa98919e2631c3
*ちなみに、これから瞑想はじめようという方がいらっしゃったら、きちんとリードしてくれる先生や、座禅の会などに、行くことをお勧めします。特に鬱症状や精神疾患がある方が一人で行うと、症状が悪化する場合があります。

 

 2015/03/26 07:00    Comment  連載   みっつんのLondon Days              
Top