第90回 ゲイ/男性同性愛者の見分け方、ということにされた10のことまとめ

 

3114914967f3724453ad8b5f9eba1c8e

まきむらよ。

毎週金曜、世界のニュースから性を考える時事コラム「まきむぅの虹色NEWSサテライト」をお送りしております。

今回のテーマは「ゲイの見分け方、ということにされた10のことまとめ」です。

今年春、ワシントン大学教授らが手掛けた書籍「人間のセクシュアリティに関する50の迷信」により、「同性愛者の見分け方」について最新の研究が発表されました。

同性愛者は見分けられない。見た目でわかりやすい同性愛者も一部にはいるが、それは『同性愛者らしくふるまう』ことによって自分のアイデンティティを保ち、社会に居場所を作ろうとしている人々である

――”50 Great Myths of Human Sexuality”p.43~44より、筆者要約

もうこの言葉が全てって感じもしますが、未だに世の中には「もしかしてあなたのカレもゲイかも!?」「こんな人は怪しい!!」的な記事や番組がいまだに出回っちゃってるのも事実よね!

ということで今回は、ゲイの見分け方とされがちな10のことをまとめてご紹介。どこからそんな話が出てきたのか、その背景をさぐります。(今回は男性同性愛者を特集しますが、好評だったらレズビアン編もやるかも!)

44f52db54aaaa1cd4710632cc7b69c40
★迷信1.人差し指が薬指よりも長いとゲイ。
カリフォルニア大学のマーク・ブリードラブ教授による、性ホルモンと指の長さの関係を研究した論文が誤解されたデマです。その背景は、「ゲイ=女っぽい=女性ホルモンが多い」という偏見まみれなもの。

もちろん、全てのゲイが女っぽいということも、指の長さでゲイを見分けられるということもありません。また教授自ら、「指の長さだけで個人の性的指向を判断することはできない」と断言しています(参考:milk
★迷信2.ファッションにこだわり、レザー物やピンクや原色を好んで身に着けるのはゲイ。
ファッション業界でゲイを公表している著名人が目立つために生まれたデマです。が、世の中にはファッション好きだけどゲイじゃない男性もいるわよね。ダサいゲイもいるわよね!

また「ピンク=男らしくない、ゲイ」というのもよくある偏見、専門用語でいうジェンダーバイアスですね。そんな偏見をもとにしたいじめに抗おうと、ピンクシャツデーというキャンペーンまで生まれたくらいです。

★迷信3.女優や女性歌手が好きだとゲイ。
松田聖子、中森明菜、マドンナ、レディ・ガガ、沢尻エリカ、安室奈美恵、浜崎あゆみあたりが「ゲイの見分け方」系の記事でよく出てきますね。昔は「オズの魔法使い」でドロシー役を演じたジュディ・ガーランドの人気から、ゲイのことを隠語で「ドロシーの友達」と言ったりもしました。

が、もちろん、これだけでゲイかどうか見分けられるわけはないわよね。

f6e028cac5ead659228f3f7db140e9ef

★迷信4.銭湯で足首に鍵をつけている人はゲイ。
たしかにこれは数十年前に、男性同性愛者同士のサインとして使われていたことがあるようです。が、今はネットの普及なんかでだいぶ廃れた習慣ですし、またゲイじゃなくて単に「シャンプーする時とか手首に鍵つけてるとうざい」と思っている人だという可能性も。

★迷信5.レインボーの物を身に着けているとゲイ。 
これもたしかに、一部のエッチなレンタルビデオ屋さんなんかでレインボーがゲイの象徴のように使われてることから来てるんでしょうね。(「ビデオ屋さん」って言っちゃった。やだ、昭和)

が、もちろんレインボーフラッグはゲイだけの象徴ではないですし(関連記事:レインボーだけじゃない!色んなセクシュアリティの旗まとめ)、「単純にデザインが好き」「自分はゲイじゃないけどLGBTコミュニティへのサポートを示している」なんて方もいらっしゃるでしょう。

★迷信6.目がうるうるキラキラしているとゲイ。
死んだ目のゲイにあやまれ!!

……の一言で片づけたいところですが、マジレスすると「ゲイ=乙女=少女漫画チック」っていう偏見です。

56d1300b2e2b129e49b6473879222173

★迷信7.短パン・タンクトップ・ラガーシャツなどを着ており、ブランドで言うとアバクロ・ドルガバあたりを好むのはゲイ。
このへんはいわゆるゲイカルチャーに大変なじんでおり、2CHOPOでも過去に「短パン二大勢力徹底検証!!」 っていう特集を組んでたりします。が、「ゲイコミュニティになじむために着る、ゲイカルチャーが好きだから着る」という部分もありますし、「着ないゲイもいる。着るノンケもいる」というのが実態ですね。

★迷信8.なんかバキバキに鍛えていて、やたら日焼けしているのはゲイ。
最近、英語圏では「ゲイ・バイセクシュアル男性は日サロで焼くので皮膚がんのリスクが高い」なんて記事も出てますね。が、これも上の繰り返しよ。「焼かないゲイもいる。焼くノンケもいる」「たるんだゲイもいる。ゴリマッチョなノンケもいる」
★迷信9.しぐさ・話し方・ふるまいがなんとなく乙女っぽいのはゲイ。
……という偏見を、リベラル層に比べて保守層ほど持っているという研究結果が2013年にニューヨーク大学とトロント大学の共同研究で出てますよ。

★迷信10.いい歳して女に興味を持たない、合コンに来ない、独身でいつづけるのはゲイ。
よくこれで芸能人なんかが「ゲイ疑惑!?」みたいなクソ記事を書かれてますね。何がおクソでいらっしゃるかって、男が独身で生きる自由、合コンなんかより別のことに人生を使う自由をふみにじりつつ、しかもゲイであることを「脱税疑惑」「年齢詐称疑惑」みたいな隠すべき悪い事として書きたててる点よ。こーゆーの書く方にはホントに芸がないのねって思いますけど、書かれる方は「よく言った!!」って感じの受け答えをすることもありますね。(関連記事:「ホモ疑惑」「レズ疑惑」に対する各国セレブの反応まとめ

だーーーっとご紹介してまいりましたが、最後に、この一言でしめたいと思います。

「ハリー・ポッター」の著者であるJ.K.ローリング氏が、「ダンブルドア校長はゲイって本当? そうは見えないな~!」的なことを言われて答えたことです。

「たぶんそれ、ゲイの人間の見た目がただ……人間だからじゃないの」

そうよ、人間なのよね。好きな人がゲイかどうか知りたい! なんて場合でも、本当に大事なのは「ゲイかどうか」じゃなくて「あなたという人間とよい関係を築いていくこと」だし、本当に確かめるべきなのは「相手が同性愛嫌悪を持っていないかどうか」なのよ。

世の中にはノンケ落としの達人だっているんだし、同性愛者どうこうに関わらず「好きになった人がたまたま同性だった」って人もいます。私みたいに自分自身に同性愛嫌悪を向けて、一生懸命「異性愛者です!!」って生きていた人もいます。

そんな中でゲイかどうかを見分けることは、できないことだし、そもそも必要ないことなのではないでしょうか。

ということで、今週も読んでくださってありがとうございました! また来週金曜日にね。まきむぅでした◎

▼よかったらツイッターもフォローしてね!


【関連記事】
▶2014/12/22 【ええ話】ハリー・ポッターが現実世界にかけた魔法とは
▶2013/10/14 世界の同性愛診断法~画像から医学テストまで~

Top