第28回 断捨離

皆様、ご機嫌いかがですか? HOSSYで御座います。

先週の廃人の態から復活し、ふと改めて自宅をみやれば玄関先には連日の女装営業の際の荷物が普段なら愛用のトランクを使用しているのですが、忙しさのあまり入れ替えも面倒で、各イベント毎に100均のデカ袋(路上生活者愛用のチェックのビニール製バッグ)に詰まったまま幾つも山積みになってるわ、作業部屋も机の上も床も下が見えない有様で、新たに制作も出来ない状態でしたので片付けをしたのですが、その際に「着なくなった衣装を処分しよう!」と思い立ち、衣装断捨離。片付けがてら、まだいる、もういらないをリストアップしたんですね。

過去何回か2丁目のARCHで貧乏女装救済イベントというフレコミで「女装市」というのが開催されていまして、ワタクシも第1回に参加しまして、元々差し上げるか捨てるかのつもりでしたので、それこそ投げ売り、叩き売りの二束三文の大放出したのですが、その後は都合合わず不参加でして、今回のワタクシのタイミングに合えば参加できるのにと思いもすれ、ワタクシ主催ではございませんからワタクシ都合、急遽という訳にもいきませんし、かといって開催されるまで取っておいて待つなどイヤなのでツイッターにて「欲しい方、差し上げます。」と書いたところ。。。。。

返ってくる反応がGOGOの方達ばかりという。w  何故に?!  オマイラ脱いでなんぼやろ!!

ま、GOGOとしても使えるもんがあるかもという事だったようですが、数日中に自宅に取りに来れる人限定とした所、結局、某女装数名の方々が即ご来訪され大体のめぼしいもの持って行かれました。(まだあります。ご希望の方来たれい。残りモンだけど。w)

139_1

コレとか。

139_2

コレとか。

果てしなく思える片付けにちょっとうんざりしたりもしたんですが、リストアップの中に「あ~。コレ忘れてた。」なんてのが出て来たので「気分転換にコレ着てオメカシしよっと。」となり、片付け途中で放り投げ、仕事でもなんでもないのに平日の二丁目に繰り出しスッキリしたおかげで無事終える事が出来ました。(我ながらなかなか頭おかしい。)

「断捨離」という考え方が流行したのは去年位からでしたっけ?!。
雑誌とかが提唱して作った造語だと思ったら「http://www.yamashitahideko.com/」←この方が登録商標もなさってるのね。

確かに、「いらないものを捨てて」「好きなものだけに囲まれて」「丁寧に暮らし」「早起きして」「いろいろな勉強をする」…といった生活も素敵だと思いますけどモノつくり系の仕事に従事しているワタシも含めて、そんな生活が向いている人ばかりではないですよね。そうした生活が無理なくできる人は、それが「合っている」のであって、「合わない」人もいるのです。

ワタシなんぞ、むしろ身の回りにモノが無いと無味乾燥でストレスいっぱいになっちゃうわ。

という訳で本題。

139_3

コチラの衣装、実は作ったきり一度も着てません。w
よくある事なんですが突発的に閃き、つくったはいいけど、それで満足してしまって陽の目を見ずというのがコレにかぎらず何着もあります。

本来ならコレに合わせたインナーとパンツを作るつもりだったのですがこのジャケット終わったら飽きちゃったと言う。w

139_4139_5

素材はストレッチのコットンツイルです。後ろがフルレングスまで長く、前が短い燕尾服仕様のナポレオンジャケットです。

ナポレオンカラーと言われる金刺繍と金のロープパイピングを挟んだ立ち襟の表地と袖口は赤のサテンに切り替えてます。前身頃の折り返しになった襟の装飾として金の細いロープを配してますが右身頃の前中心でループをつくり、それをボタンホールとして留められる様になっています。

袖口と裾、背面の装飾も太さの違うロープを使って模様になる様に配しました。
模様は最初に紙に書いてそれを衣装にチャコペーパーを挟んでなぞり転写(カーボン紙の布バージョンのようなもの)して布用の接着剤で軽く仮止めしてから糸でまつって縫い付けています。

肩章は上野の軍モノを扱うお店で手に入れたもので、どこの国のものか忘れましたが実際の軍服に使われていた既製品に更に装飾を加えたものですが、垂らした緑の肩飾りはロープを編んでループタイ用の先止めを使って作った手作りのものです。

前述で合わせるインナー、パンツを作ってないから着てないといいましたが、合わせるものなぞ、その気になれば探せばいくらでもコーディネートできるのよね。w
じゃあ、なんで?!ってなるんですが。。。。。

なんでだろ。

自己分析すると、思いのほか“宝塚のベルバラ”ちっくになっちゃって「思ってたのとなんか違う。」って出来上がった時に思ってしまったからかしらん。

ま。これは断捨離してないから、その内着るかもね。

ってことで、また。

ちゃお。

Top