【奇祭】かなまら祭に行って例のアレを拝んできた

 Comment  イベント   かなまら祭              

※あくまでも神聖なお祭りのレポートです。
【職場閲覧注意】

毎年4月の第1日曜日に神奈川県川崎市、金山神社で開催される日本有数の奇祭「かなまら祭」。2CHOPOユーザーのみなさんの中にはご存知の方もいるかもしれませんが、実はこの祭り、男根をかたどった御神輿が祀られ、マニア(何の?)の間では絶大な人気を誇るイベントなんです。現在では海外の方々も多数詰め掛けるということで、「2CHOPO編集部も行かねばなるまい……!!」と意味もない使命感を抱え、初めて行ってきました!

雨にも関わらず、長蛇の列! その様子はまさにカオス!!
83151cf23078b4848dddddf2040b3818

例年、天候に恵まれるらしいのですが当日は残念ながらの雨。筆者は雨男でも雨女でもないけれど「これは人が集まらないのでは?」という思いがよぎった瞬間、最寄りの川崎大師駅には大勢の人で身動きが取りずらい。しかも徒歩3分ほどで見えてくる金山神社の入り口にはあふれんばかりの人が……みなさん、お好きですね~(笑)。

奇祭に負けないオリジナルグッズが数多く販売されていた
最大のイベントである、御神輿の行列まで時間があったので、ぎゅうぎゅうの境内で売られていたオリジナルグッズをいくつか紹介していきます。

・まらキャンドル
9c61c6435271ac610927a7dae706b4ae
キャンドル・〇ュンさんも真っ青な「まらキャンドル」を発見! その潔いチン列の仕方に筆者はのけ反り気味です。価格は大900円、小400円、特殊500円。特殊って一体何だろう。

・かなまら飴
2902552b1fdcafb36027cd0de69f6075
c76e3f6061916931eb22cb8f245c9a17
この祭りで1番人気となる通称「まらキャンディ」! 購入者の列は、境内を軽く飛び越え道路にまで伸びていました。キング(男性)700円、クイーン(女性)700円とそれぞれのアレをイメージしたキャンディ。男女問わずペロペローーンとこんな飴を舐めている光景を拝めるのもココだけでしょうね。あ、肝心の味は、ほのかに甘かったです……。

・かなまらカクテル
24a4cbccf016db8808c1a5ddb2c3c12d
ジャムの缶に入っていたカクテル各種600円は、海外の方に人気の模様。

・かなまら缶バッジ
2c47b11ad3b6f3fb2f8cc1402daaed11
缶バッジは大きいサイズが2個で500円、小さいサイズが3個で500円。缶バッジコレクターにはたまならい低クオリティなので、気になる方は来年ゲットしてください!

・男根Tシャツ
8d9b9a7078f2ff9476277c98adf622974feacbe7e98ca5508b335f2ef8aaf59c
ゆるキャラTも会場にチン座。価格は2000円で、昨年はホワイトカラーのみの発売だったらしいのですが、2015年バージョンはピンク(濃淡2色)を追加! しかもDANKON君のサイズが大きく成長してる!! ……筆者は見栄を張らず、ホワイトカラーのMを購入しましたよ。

境内に祀られた「御神輿」を発見!!
どしゃぶりの雨の中、最も人だかりが出来ていたのが神輿まわりでした。あまりの人だかりだったので3つのうち、2つの神輿にしか近づけませんでしたが、写真つきで解説していきます。

177a068829b2c4344d74cb383d862bd6
鉄製の男根が納められている「かなまら舟神輿」。細かなディテール、そして黒光りしたご神体の姿に男性陣は羨望の眼差しで撮影していました。

1541589285080d476a96fc2801f5ed28
巨大かつご立派! なピンクの男根を納めた「エリザベス神輿」。近くまで行くとその大きさに口ポカーンです。

ついに祭り本番! 宴の始まり!!
境内をうろうろしているうちに、祭り最大のイベントである行列の時間が迫ってきました! ってことで、撮影ポジションを確保するために移動。徐々に来場者たちが歩道を埋め尽くしてきた頃、神輿行列がついにスタートです!!

e38f813633a26a6a358d237529fac1de

この行列、いきなり神輿が現れず子供や大漁旗らしく巨大な旗を振る男性が先頭でねり歩きます。そもそもこの祭りは、子孫繁栄(子宝)・安産・夫婦和合・縁結び・商売繁盛を願って開催されるもので、その起源は江戸時代まで遡ると言われています。近年ではエイズ除けの祭りとして国際的にも知られるようになったみたいですね。そんな説明をしているうちに、神輿はまだかなーと思っていたら

き、き、キターーーーー!
6b2b60e6790e08f5431ed59938c100fc
遠くの方から、ゆっさゆさ揺れながら神輿がやってきました!!!!!!!

c2e2907fa77ec218f82920560642cde5fcd3af12699145d4acecf2cf67e9c142
先頭は黒光りの「舟神輿」。地元の方々が威勢よく担いでいます。

0143eebd49e037aae8f354a887ed4c90f7f360ad82cf5ed1c3ecb99143fbfdb4
2番目は「エリザベス神輿」。これは元々、浅草橋にある老舗の女装クラブ「エリザベス会館」が寄贈したもので、女装をした方々が「かなまら~!」と叫びながら担いで行きました。

279671251265325ad30cbf34fa79dd8244b01fec1466907df8d3861d4ca3abd0
最後は、境内で撮影できなかった木製のご神体を納めた「かなまら大神輿」。海外の方も参加していて一番楽しそうでしたね。

ab44c9b50aae5009df8162d0299344aa

3つの神輿が通り過ぎた後に、大勢の来場者たちがその後をついて行きます。そのまま神社に戻り祭りは終演に向かいます。「かなまら祭」のご利益なのかどうか定かではありませんが、気がついたら雨は止んでいて、駅周辺には筆者も含めて満足気な顔をした人々があふれてかえっていました。まだ未体験の人は、ぜひ来年チャレンジしてほしいですね。 想像以上のカオスがあなたを待っていますよ!

25b39539e4658b83e617cd93a544b11b

 2015/04/06 12:30    Comment  イベント   かなまら祭              
Top