レズビアンカップル批判!? 1枚の写真がFBで拡散された理由

 Comment  ニュース   レズビアン  拡散              

 

2人の女性がハグをしながら電車を待っているように見えますが、この写真が大変話題となっています。みなさんはなぜ話題になったと思いますか?

Não sou preconceituoso, acho que cada um faz o que quer da sua vida. Mas acho um absurdo eu ser obrigado a presenciar…

Posted by Nelson Felippe on 2015年4月7日

ブラジルのフェイスブックユーザー、ネルソン・フェリッペさんがこの写真を載せたのは4月7日のこと。彼は「私は偏見を持ってはいない。人は誰でも好きなようにすれば良いと思う。しかしこんなシーンを見せつけられては、いかがなものかと思わざるを得ない」と書き、続けて「毎日このような光景を見る子供がいたら何を感じるだろうか?」とユーザーに問いかけました。


【投稿の翻訳全文】
私は偏見を持ってはいない。人は誰でも好きなようにすれば良いと思う。しかしこんなシーンを見せつけられては、これはいかがなものかと思わざるを得ない。
周りに人がいなければ何をやっても自由だが、問題は公共の面前であるという点だ。このような光景が当たり前のものだとなるような世界にはしたくない。
誰に対しても悪いことは起きて欲しくないと思うし、このような人たちは気を付けるべきだ。社会的慣習を無視することは危険なことになりえる。
もし悲劇が起きたら? もし誰かが死んだら? 誰を責めるべきなのか? 私か? 何が一番最悪の事態かというと、子供たちの目にも入ることだ。

毎日このような光景を見る子供がいたら何を感じるだろうか? 子供たちはホームの黄色い線の上に立つことが普通だと思ってしまう。

だから奥にいる男のようにはなるべきでない。
女の子たちみたいになるといい。電車を黄色い線の内側で待つ。そして電車が完全停止をし、ドアを開けてからのみ、わたるべきだ。


当初、誰もがこの投稿をレズビアンカップルへの批判だと思っていましたが、真意は全く違うということで世界中で拡散されています。
2c9b7f32b0fbce92f9f700d6856b8091e6e3c17625f7bce91173bdcfe029d9e8
フェリペさんの真意は、手前の女性2人ではなく、ホームの黄色い線を踏んでいる男性に向けたものでした。もはや引っかけ問題レベル!
ブラジルのリオデジャネイロは2013年に世界で一番大きなLGBTのグループ結婚をしたと言われ、昨年度のゲイプライドパレードでは世界最大規模の動員数を記録しました。しかし、アンチ・ゲイの動きも活発なようで、一昨年、ゴスペルコンサート中に女性二人がキスをしていたということで暴力を受け、刑務所に入れられてしまいました(!)。昨年11月には、ある政治家が「ゲイプライドパレードのせいで干ばつが起きた」と発言したりとLGBT当事者にとって残念を通り越し、生活するうえで危険なこともあるみたいです……。
このフェリッペさんの写真が、「何が一番危険」で「偏見を持った思考」がどれだけ無知なのかを考えるきっかけになればいいですね。

 

 2015/04/13 15:30    Comment  ニュース   レズビアン  拡散              
Top