【ニュース】文部科学省が性同一性障害の児童・生徒への対応ガイドラインを通知

 Comment  ニュース   性同一性障害              

本日4月30日、文部科学省は、性的マイノリティの児童・生徒たちに対する「性同一性障害に係る児童生徒に対するきめ細かな対応の実施等について」の対応ガイドラインを初めて全国の教育員会などに通知しました。

文部科学省によると、性自認をしている生徒からの相談を受けた教師1人だけが対応するのではなく、学校内外でサポート体制を作るなどして組織的に取り組むよう各教育委員会に求めています。

支援の事例としては、「自認する性別の制服・衣服などの着用を認める」「職員トイレ・多目的トイレの利用を認める」など具体的な対応策が明記されています。また、卒業当時とは別の性別や名前に変わった場合に関しても、新たな性別や名前で卒業証明書を出すことなどが可能になるとのことです。

早速このニュースが各方面で話題・議論を呼んでいます。

今回の取り組みを評価する方々がいる一方で、「各学校単位で理解・環境作りを均一化するのには時間はかかる」「子供たちの中で逆に差別が広がるのでは?」などリスクを指摘する声も……。

2CHOPO編集部としては、この“議論”そのものが起こること自体が、より生活しやすい環境を作るきっかけになればいいと願っています。

 2015/04/30 19:15    Comment  ニュース   性同一性障害              
Top