第108回 東小雪のLGBTライブラリー「コミック編」

今回は東小雪おすすめのコミックをご紹介したいと思います! 初夏の爽やかな風の中、じっくりと読んでほしいコミックたちです。
まずはこちら、小学館から今年3月に新しく創刊された新青年コミック誌「ヒバナ」で連載中の『しまなみ誰そ彼(たそがれ)』です。
8fd8256b442cb40a532a0f74fcebbe12
主人公は自分のセクシュアリティに苦悩する少年。セクシュアリティを隠さなければ生きていくことが厳しい環境の中、「談話室」で様々な背景を持つ人たちと出会うことで救われていく…。
私も連載第2話まで拝読させていただいたのですが、学校のクラスで自分のセクシュアリティを偽ってしまうシーン、先生の何気ない一言に傷つく様子、自分自身を肯定することが難しい思春期の葛藤、悩み多き若いセクシュアル・マイノリティの心情がリアルに描かれています。今悩んでいる若い世代にも、かつて悩んできた大人にも強く響く作品だと思います。
先日作者の鎌谷悠希さんにお会いしてお話ししました!
74ae04df0fc995a158298b8cf8bcd6ef
お話し中の風景
今後はレズビアンも登場するのでしょうか…?
次回以降の展開に大注目ですね!
ちなみに鎌谷さんはXジェンダーでAセクシュアルであることを公表していらっしゃいます。
◆鎌谷悠希さんTwitter:@yuhkikamatani
鎌谷悠希さんの『しまなみ誰そ彼』は小学館「ヒバナ」にて隔月の連載。気になる第3話は6月7日発売号でぜひお読みください! 私も心待ちにしています。
初版が1995年で、今から20年も前の作品。小学校高学年の頃に読んだことを覚えています。
6d8eebb4739f657bae1f91d95ab39ed5
私が初めて「自分は同性愛者である」と自覚したのは、金沢市内の女子校に通う、高校2年生の春でした。吉田秋生さんの『ラヴァーズ・キス』を読んでいた小学校の頃は、「自分も大きくなったら男の人を好きになるのだろう」とぼんやり考えていたのでした。しかしこの作品に強く惹かれ、どきどきしながら読みました。はっきりと自覚しなくても、もしかしたら同性に魅かれる気持ちを感じ始めていたのかもしれません。
「だけど同性愛ってイケナイことなんだよね???」
そんな思いを抱えながら繰り返し読んでいた小学生の頃を思い出してしまいます。私は引っ越しが多く、そのたびにたくさんの本を手放してきましたが、この作品はずっと大切に持っています。
20年経った今でもおすすめできる、大切な作品です。
68cd474e43141c35683dcf401ac223bb
「このマンガがすごい!2011」第1位の作品です。私が宝塚歌劇団出身であることとレズビアンであることをカミングアウトした直後、2011年頃に拝読。カミングアウトしたといっても、まだまだ私自身の中でセクシュアリティに関して未解決の部分も多かった時期。内なるホモフォビアが残っていたため、心ない言葉に傷ついたり、離れていく保守的な価値観を持つ友人たちを寂しい気持ちで見ていたりしました。カミングアウトしたての頃は、自分で決意したこととはいえ、まだまだ腹が決まっていなかったなぁ…。
そんな当時の私にとって、レズビアンの女性が登場する作品はとても貴重なものでした。広く一般の人が読み共感するマンガに、自分と同じ哀しさや強さを持つキャラクターが登場している。そんな作品に励まされながら、今の自分が形作られてきたのではないかと思います。
こちらは2000年〜2001年にかけて連載されていた作品。もう15年近く前なんですね。
少し脱線しますが、5月11日に日本テレビの夕方のニュース「news every.」で、「同性婚の両親はパパとパパ」が放送されました。特集の中で、国連の潘基文事務総長の「多様な家族のあり方はより良い世界を築く助けとなる」というコメントも紹介されました。テレビの夕方のニュースで、とても肯定的にLGBTファミリーが紹介されるようになったことに、日本社会の大きな変化を感じずにはいられませんでした。
402ced7ee1e002fd15f6703a12fa5a01
news every.で紹介されたのは代理母出産で授かった娘を育てる、アメリカのゲイカップルの家族。私たちは精子提供を受けて人工授精で子どもを持ちたいと考えているレズビアンカップル。
『LOVE MY LIFE』は、ゲイのパパとレズビアンのママに育てられた18歳の女の子の物語ですので、家族のかたちは違いますが、心の葛藤や社会的な偏見に悩むことには、共通する部分が多いと思います。多様化する家族のかたちに思いを馳せながら読んでみてほしいです。
『LOVE MY LIFE』は2006年に映画化もされていますね。こちらは予告編です。
コミックとあわせてチェックしてみてください!

 

Top