第110回 TBSゴールデン人気バラエティ「私の何がイケないの?」再び!(反響編)

こゆき前回に引き続き、5/25(月)に放送されたTBS人気バラエティ「私の何がイケないの?」の話題を。

d813998bc9a33f9bbe19f7eb47d071a9

5/25放送のスタジオの様子。芸能人の方がずらりと出演されていて、かなり緊張しました。

ひろこ:なぜこの番組のお話を2CHOPOでさせていただくかというと、最近読んでいた本に「テレビの視聴率は1%で50万人くらい観ていると推定」というくだりがあり、あらためてそんなに!? と驚いたんですね。昨年出演した回の瞬間最高視聴率が16.6%の高視聴率を記録、「王様のブランチ」でランクインするほど話題を集めたのを覚えていたので、そうか、前回は約800万人もの視聴者に(一瞬ですが)届いたのね、とスタジオ収録前に思ったという経緯があります。
こゆき:昨年は私たちカップルが「子どもを持ちたい」ということについてスタジオで大激論になってしまい(大半はカットされましたが……)、すでに日本にもレズビアンファミリーはたくさん暮らしているのになんだかなぁ……と思ったものでした。今回は4月に芸能界初の同性結婚式を挙げられた一ノ瀬文香さん&杉森茜さんカップルと、東大の安冨先生との共演。レズビアンカップル2組と、50歳から女性の格好で生活されている安冨先生もお相手は女性の方ということで、Twitterでは「ゲイが出ておらずバランスが悪い」というような声も見かけました。
ひろこ:まぁ今回は「レズビアン同性婚スペシャル」だったので、ね。
653919f05ae8b745907067572e4cafc5
e824248735edcb4d8b3d29a30b43f048
0790d935cf319bcdcc0e5772a020e2e2
こゆき:Twitterなどで反応を追いながら、私たちもリアルタイムで番組を視聴しました。
ひろこ:けっこう多かったなと思ったのが、男性アナウンサーの「LGBTは僕の周りにはいません」という趣旨の発言への反応。
「いないんじゃなくて、本当はいるのに言えないだけ。この人ならカミングアウトできそう、と思わせない雰囲気が問題なのでは..」
私もこれは本当に同意。テレビのお仕事をされているのに本当にいないのかな……?と疑問に思ってしまいました。でも、同じように「LGBTと会ったことがない」と本気で思っている人はまだまだ多いのが現状で、そういう社会の声を反映した発言だったなと感じました。
こゆき:さて、今回私たちもとても勉強になったのが、番組がカリフォルニアで取材してきたレズビアンファミリーのお話。友人の異性愛男性から精子提供を受けて出産した7歳の男の子と、3人で幸せに暮らしている様子が流れました。
ひろこ:精子提供者の家族とも時々会って、2つの家族が仲良く交流している姿は、現在精子提供を考えてくれている方との関係性を考える上で、ひとつの素敵なロールモデルだなぁと思い、勇気をもらいました。
754911c060ef1f13f4219faadb4baeed
こゆき:「ふたりのママが好き」。子どもにこんなこと言ってもらえたらとても嬉しいですね!
ef50d37cf00dad6438cb2f396c158822
ひろこ:女子高時代の同級生が、今回の放送を「息子と一緒にいろいろな形のカップルがいることを話しながら観たよ」とTwitterで教えてくれて、じんわりと幸せな気持ちになりました。他にも、「将来子供が生まれてきたときに、その子がLGBTだった場合に対応できるように番組観て勉強してます」という反応もありました。まだまだ見えづらい存在かもしれないけれど、隣にいる存在なんだ、という想像力。これはLGBTにかぎらずどんなテーマでもとても大切なこと。そんなことを観てくださった方の反応からあらためて教えてもらうことができました。
eb6ef20629e75b904c84efde6b912187
共演の方たちと。みなさま、おつかれさまでした〜! 

 

Top