第102回 Googleでアレを検索すると……わぁお♡ 6月のあの出来事によせて、中の人が隠した秘密とは

 

3114914967f3724453ad8b5f9eba1c8e

わぁお♡

まきむらよ。

毎週金曜、世界のニュースから性を考える時事コラム「まきむぅの虹色NEWSサテライト」をお送りしております。

今回のテーマは「Googleの中の人が隠した秘密♡」です。

★ 今だけ! Googleで「アレ」を検索すると「わぁお♡」
★ なぜこんなことに……? 6月に秘められた歴史
★ 記念すべき6月を、世界はどう過ごしてる?

以上の流れで、ネタバレに注意しつつお送りします。


★ 今だけ! Googleで「アレ」を検索すると「わぁお♡」
bb2b01e2f004d504342b485c5ce3bc31

写真:PAKUTASO

突然だけれど、いまこの文章を読んでくださっているあなたに、ぜひ試してみて頂きたいことがあるの。

たぶん今、スマホか携帯かタブレットかパソコンでこれを読んでくださっているのよね?

そうしたら、Googleにアクセスしてみてくださる?

8953e3846a9fc529482418a043e18c29

そうそう、それで、半角アルファベットでこう入力してみて。「LGBT」って。

4ed76ae92eb40c61e779a0f33a270c0d

入れた?

入れたわね?

私も入れたわ。

めんどくさいからアンタがやんなさいよっておっしゃる方のために。

そしたら、いいわね?

ググるわよ?

やるわよ?

いくわよ?

…………

………

……

わぁお♡

732f5274e5d528ec74c2f09dde4fe556

こんなにオシャンティなありさまよ♡

そしてそして。こんな画面に繋がっているキーワードは、実は「LGBT」だけではないのよね。他にも「gay」「lesbian」など、なんか虹色な単語を英語で書くとこの画面が見られるようになっています。あなたはいくつキーワードを見つけられるかしら? 私は10個見つけました。リストはこの記事の最後に書いておきますので、あなたも気が向いたら10個以上見つけられるか挑戦してみてね。

ということで、こういうふうに、検索エンジンやゲームなどのプログラムにお楽しみの隠しコマンドを仕込むことを「イースターエッグ」と言います。

Googleでは毎年6月に、LGBTs関連のイースターエッグを仕込むことが定番になっており、昨年2014年にはGoogleドキュメントがレインボーになる隠しコマンドが話題になりました。

e77

それにしてもこれ、どうしていつも6月なんでしょうか? そこには、こんな歴史的背景があったんです。


★ なぜこんなことに……? 6月に秘められた歴史
e1f786dad0f6e535d292f6ffb4ef338e

写真:Daniel Case [GFDLor CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

1969年6月28日、今から46年前のあの夜のこと。

ニューヨークのバー「ストーンウォール・イン」には、現代ならば“LGBT”と呼ばれるような人たちが集まり、悲しみにくれながらお酒を酌み交わしていました。

当時は“LGBT”という言葉が今ほど認知されておらず、法的に同性婚出来る国だって個人の権利として性別移行できる国だって世界にひとつもない時代。そんな中でゲイもトランスジェンダーも、みんなひとまとめに「カマホモ野郎(faggot)」とか「変態(queer)」なんて指さされていました。

隠語では、彼らのことを「ドロシーのお友達」と呼ぶこともありました。

これは、映画「オズの魔法使い」のドロシー役として、名曲「虹の彼方に(Over the Rainbow)」を歌い上げ、当時のセクシュアル・マイノリティたちを大きく勇気づけたジュディ・ガーランドを尊敬してのことです。

多様な性のあり方に理解を示す有名人として、当時としては大変貴重な存在だったジュディ・ガーランド。そんな彼女を心の支えとしていた人々は、なんともむごい形で彼女との別れを迎えます。スターとしてのあまりに過密なスケジュールから、覚せい剤などの薬物を常用させられていた彼女が、47歳という若さで亡くなっていたところを、ロンドンで発見されたのです。

彼女の葬儀は、ニューヨークの教会で執り行われました。葬儀には彼女の死を悼み、たくさんの“ドロシーのお友達”が参列していました。そのあとに葬儀参列者たちが集まったのが、「ストーンウォール・イン」だったというわけです。ということで1969年6月28日の夜は、悲しみに暮れる“ドロシーのお友達”が手に手を取って彼女の思い出を語っていました。

そこでのことです。警察が「ストーンウォール・イン」に踏み込んだのは。

次々と連行されていく人々。名目上こそ「無免許での酒類販売」にされていたものの、警察のゲイバーに対する不当な踏み込みは当時としては日常茶飯事でした。繰り返される弾圧が、あろうことかジュディ・ガーランドの葬儀後にも行われたことに、いつもなら抵抗できなかったセクシュアル・マイノリティたちも、ついに怒りを抑えきれなくなりました。

“ヘアピンの落ちる音が、世界中に響き渡った――”

警官にヘアピンを投げつけるドラァグ・クイーン。警官の暴言を100倍にして言い返すレズビアン。ストーンウォール・インから始まった反抗は、瞬く間にアメリカ全土へ、そして世界へと広まっていきました。このニュースを、当時の新聞はこう報じたといいます。

「ホモの巣が襲われた! 女王蜂の狂った反撃!」

b9f46ee48cb89d93bccf35a1870d0ff4

……正直ちょっとうまいこと言ったなって思っちゃったけど、笑えない気がするのよね、同性愛者が人間扱いされていなかった当時の情勢を考えれば。


★ 記念すべき6月を、世界はどう過ごしてる?

そんな頃から46年が経ち、いまや世界的大企業GoogleがLGBTコミュニティ支援を表明するような時代よ。それでも今に至るまでの歴史を忘れないために、6月は「プライド月間」として祝われることになったわけです。

ということで今月は、Google以外にもこんなことが起こっています:

【韓国】反対派の妨害やMERSにもめげず、ソウルで「クィア文化祭」が開催(出典:グラァド
【アメリカ】アメリカン航空、顧客の同性愛差別発言にツイッターで反論(出典:Advocate)
【フランス】ストラスブルグ他、各地でプライドパレードが開催(出典:TÊTU
【南アフリカ】同性愛者に対する殺人事件など、憎悪犯罪と闘う姿を描いたドキュメンタリーが発表(出典:RNS

まだまだ色々大変だけど、ちょっとずつでも良くはなってる。そんな今があるのは、よりよい未来のために動き続けた人たちのおかげなんだということに思いを馳せつつ、自分に何ができるかを考えるプライド月間にしたいと思います。

それでは、読んでくださってありがとうございました! また来週金曜日にね。まきむぅでした◎


★ おまけ:2015年6月、Googleで検索すると「わぁお♡」になる検索キーワードリスト
– LGBT
– lesbian (レズビアン)
– gay(ゲイ)
– bisexual(バイセクシュアル)
– transgender(トランスジェンダー)
– pansexual(パンセクシュアル)
– asexual(アセクシュアル)
– gay marriage(同性婚)
– gay rights(同性愛者の権利)
– gay bar(ゲイバー)

ほかにもまだまだ色々あります! ぜひ探してみてね。


★ よかったらツイッターも覗きにおいで~

 

Top