第114回 妊活あれこれ:精子提供による人工授精、なにが大変?

前回は【シリンジでも、できるよ?】と題して、私たちがトライしようとしている「DIY(自分たちで行う人工授精)」について書かせていただきました。
今回は、精子提供者との話し合いや、法的な課題についてお伝えしたいと思います。
私たちの精子提供者探しは約1年半ほど前にスタートして、これまでに2組のゲイカップルに相談してきました。提供者はゲイにこだわっているわけではなく、たまたま私たちのまわりにゲイの友人が多いということもあり、ゲイの方にお声掛けさせていただいています。
最初に相談したゲイの友人は、精子提供についてこちらのドキュメンタリーでインタビューに答えてくれました。
フジテレビNONFIX「ふたりのママが待っている」2015年2月26日放送(関東ローカル)
3879362ef944b2c6842dadabab749386
題字は書道家のMaaya Wakasugiさんに書いていただきました♡
精子提供者を探し始めた当初、私たちは提供してくださる方とそのパートナーの方と4人で子育てしたいと考えていました。しかし、提供してくださる方の家族へのカミングアウトや、子育てへの考え方の違いなどから実現がなかなか難しく、これまでの2組の方とは残念ながら提供にはいたりませんでした。
そこで現在は、「基本的には提供のみお願いして、子育てをするのはひろこさんと私の2人」という方針に変更し、3人目の男性と話し合いを続けているところです。
私たちはDIYのトライを実際に始める前に、色々なことをしっかりと話し合って相談したいと考えていて、この度合いについては色々な考え方があるし、ケースバイケースだと思っています。事前に話し合うことの例としては、
・精子提供者の情報をどこまで子どもに伝えるのか。伝えるとしたらいつどんなふうに?
・誰が子育てをするか?
・精子提供者に認知してもらうか?
・他の人への精子提供をどう考えるか?
・経済的な援助を求めないなど
・決めたことを書面に残すのか? 残すなら弁護士さんにお願いするのか?
の他、誰が名付けをするのかなど、もっと細かく決めるケースもあると思います。
アメリカでは「精子提供を受けて子どもを持つレズビアンカップルのための契約書のひな形」があるそうです。日本にはまだ例が少なくて私たちも手探り状態! 考えながら、話し合いながら、行きつ戻りつしながら一歩ずつ進んでいるのが現状です。
なにが正解かわからない。ロールモデルもまだまだ少ない。
正直、不安もあります。
ですが、パートナーと命についてしっかり話し合うことができるし、準備をしてから授かることができるので、その点はその後の子育てによい影響があるのでは? と、前向きにとらえています。
私とひろこさんは、お互いをかけがえのない家族だと思っていても、渋谷区の「同性パートナーシップ証明書」を取得しても、法律上は「ルームシェアをしているお友だち」としか扱われません。これは本当に悲しくて残念なことです。私たちは子どもを授かっても、産む親(まずはひろこさん)と子どもには法的な関係がありますが、産んでいない親(私)と子どもは法的に「他人」なのです。
この問題は、現在すでに子育てをされているレズビアンマザーの方々にとって、とても大きな不安となっています。公正証書を作成する、親や兄弟など家族に話して理解・協力してもらうなど、法律によらなくても万が一に備えることはできますが、それでもやはり不安が残ります。私たちもこの点はとても不安に思っていて、渋谷区の同性パートナーシップ証明書取得にも必要な公正証書と別に、子どもとの関係についても公正証書を作成する必要があるのではないか、と話し合っているところです。
先日、とあるインタビューを受けていて上記の話になった際、
「もしふたりとも亡くなってしまったら、どうしますか?」
と質問されました。
パートナーシップは法的に守られないし、子どもを持つレズビアンがまだまだ少ない現状で、子どもを持とうとすると「ああなったらどうしよう」「こうなったらどうしよう」は無限に出てきます。
しかし、はたと気づいたのです。
「ふたりとも亡くなってしまったら、婚姻している男女だとしても、とても大変なんじゃない!?!?」
「だから適当に考える」ということではなくて、「備えすぎない」ということももしかしたら大切なのではないかと思った瞬間でした。
異性のカップルなら保障されることが、同性のカップルに保障されないのはやはり問題。母親と父親なら心配しなくてもよいことが、母親と母親だと心配しなくてはならない。この差はなんなんだろう? なぜなんだろう?
異性カップルの間に産まれた子どもも、同性カップルの間に産まれた子どもも、法的に差がなく扱われ、子の福祉が守られるように一刻も早くなってほしいと思っています。
1fb660a88b1ec67b3dee4d8e75dce7b1

 

Top