飼い主さん必見!! LGBTフレンドリーな「司法書士法人ソレイユ」に聞いた、考えておくべき「ペット信託」

 Comment  特集   司法書士法人ソレイユ              

前回「LGBT必見の法律用語」と題して、LGBTカップルが知っておきたい3つの法律キーワードを提案していただいた、LGBTフレンドリーな「司法書士法人ソレイユ」のみなさまに、今回は愛するペットに関しての画期的な仕組みとも言える「ペット信託」についてお伺いしました!

今回も取材にご協力いただいた「司法書士法人ソレイユ」のみなさま
89a0942452029c9d516da06ab4ea3107
写真左から
司法書士法人ソレイユ 代表司法書士 河合保弘さん、ねこのて行政書士事務所 行政書士 松田美幸さん、司法書士法人ソレイユ 代表司法書士 杉谷範子さん

■そもそも「ペット信託」って何?
ペット信託とは、司法書士法人ソレイユ共同代表でもある河合さんが発案(※)した、民事信託の仕組みを利用して飼い主さんが亡くなった場合や継続飼育が困難になった時にあらかじめ託しておいた財産(信託財産)で、飼っているペットが穏やかに暮らせるよう受託者にお願いしておく、という民事信託の1つです。
※「ペット信託」は河合保弘が商標を有しています。

あらかじめペット動物が天寿を全うできる程度の財産を切り分け、信託財産として他の財産とは別に管理しておくことにより、例えば飼い主の死後も引き続きペットの養育をしたり、あるいは新たな飼い主を探し出して「里子」に出すまでの金銭を残して、ペットの健やかな環境を維持できる信託なんです。

3612d6aa3d53bef769532cb49e7da6e8

これは遺言でも、ペットに対して自分が亡くなった後のことを明記しておけば、上図のペット信託契約の内容に近いものが再現できるそうです。しかし、遺贈したお金が毎月きちんとペットの飼育費に使われているのかなど、監督人を設けてチェックすることはできなかったり、ペットのために残した財産が、相続争いの中で目減りしてしまう可能性が遺言にはあるのです。

ペット信託、遺言それぞれにメリット・デメリットがあるそうなので、飼い主さんは気軽に相談することをおすすめします。

■ペット信託ってイヌ・ネコ以外にも適応できる?
鳥類や爬虫類などの飼い主さんもひと安心! ペット信託は、イヌ・ネコ以外にも適応できるそうです。「ペット」の定義がどこまでなのか明言することは難しいですが、種類は基本問わずに、対応してくれるそうです。ペットの多様化が進んだ現代社会にもマッチしていますね。

71fa35a3a67afc37d1eaa614c91cc55d
松田さんはペット信託の普及ならびに動物愛護福祉活動を通して、人間と動物がともに安心して暮らしていける社会作りを支援している一般社団法人ファミリーアニマル支援協会(FASA)の理事もされています。

■「終生飼育」に対する答えの1つ
飼いはじめたペットを最後まで責任をもって飼う、という「終生飼育」の考え方が動物愛護管理法にも定められ、徐々にその意識が根付いてきているそうです。しかし、ペットを飼いたいけれども一人暮らしや高齢を理由に諦めてしてしまうという人も増加傾向にあるとのこと。

今回紹介したペット信託を利用すれば、既にペットを飼っている人や身寄りがいないなど、何かしら自身の不安によって飼うことを諦めている人が「自分がい亡くなった後」や「自分が飼育困難になった」場合の心配をせずに、家族とも言える可愛いペットを最後まで責任をもって飼うことができますよね。

たとえ自分自身が「終生飼育」を果たせなかったとしても、ペットの「終生」にきちんと責任を果たせる状態であれば、ペットと暮らす日々がより豊かなものになってくれるはずです。

【関連記事】
「司法書士法人ソレイユ」に聞いたLGBTカップルが知っておきたい3つの法律キーワード 2015/06/04


「司法書士法人ソレイユ」

東京本店:〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目2番1号 岸本ビルヂング6階【MAP
千葉支店:〒272-0133 千葉県市川市行徳駅前1丁目26番15号 河幸第6ビル3階【MAP
HP:http://votre-soleil.com/
営業時間:平日午前9時~午後5時

▶お問い合わせはこちらから

 

 2015/07/29 18:00    Comment  特集   司法書士法人ソレイユ              
Top