Vol.18 トランスジェンダー|LGBTマナー研修とは?

こんにちは如月音流です。

東京は今日も快晴です。梅雨はもうあけたのでしょうか?

私は今週末の連休にちょっと旅にでしょうと思っています。安曇野あたりのコテージを予約しました。リフレッシュしつつ趣味の写真なんか撮りたいなと思っています。

さてさて、みなさん「ユニバーサルマナー研修」ってご存知ですか?

垣内俊哉さんという方が代表を務めていらっしゃる会社で株式会社ミライロという会社が行っている研修のことです。この株式会社ミライロという会社は、バリアバリューという言葉を提唱し、建物や精神、コミュニケーション、情報のあり方をデザインし、日本をユニバーサルデザイン先進国にするため、「バリア=障害」を「バリュー=価値」に変えていくということを理念として掲げています。

このユニバーサルマナー研修というのは、ユニバーサルデザインを理解して障害がある方々に対したマナー、接し方、正しい知識を学ぶという研修です。

例えば、車椅子の方の目線の高さは、100センチメートルほどです。その場合ではどういう障害があり、健常者と違い何が困っているのか? どのように接すると良いかという内容となります。

実はこのミライロという会社、私が今年プレゼンテーションをさせていただいた「みんなの夢AWARD」というイベントの第三回目に最優秀賞を受賞した会社なんです。垣内さんとは直接面識はありませんが、プレゼンテーションはすべて見ました。彼のプレゼンテーションは、力強く、とても感動しました。また、垣内さん自身も車椅子で生活をしています。ご自身の経験からこの会社を始めたそうです。

その時の動画がありましたのよかったらご覧ください。

その株式会社ミライロが「LGBTマナー研修」という取り組みをされているそうです。

LGBTマナー研修とは、LGBTの人たちの心理や抱える問題を知識として学ぶのではなく、その人たちの視点に立って考えることで自身そして周囲の人々を想いやる心を育む研修だそうです。

LGBTだからということで、決して特別扱いする必要はなく、配慮すべき点やマイノリティであるがゆえに直面する壁を理解し、目に見えないからこそさり気ないサポートを行うことを学び、これらの考えを通し多様な人々への応対スキルや知識の習得やホスピタリティの向上に繋げる研修ということです。

この研修の講師をされているのは堀川歩さん(株式会社ミライロ 講師 / 日本ユニバーサルマナー協会 講師)という方で、彼は女性から男性へのトランスジェンダーだそうです。高校卒業後は陸上自衛隊に入隊していたそうです。その後世界一周の経験を経て LGBTの人々の総合サポート事業を立ち上げ、誰しもが自分らしく歩める社会を創るために日々奮闘されています

LGBT研修のような研修にたくさんの方が参加して、より正しい知識を学びもっとたくさんの人が自分らしく生きられる社会になると良いですね。

▶LGBTマナー研修の詳細はこちら

【7月30日開催】 
LGBTマーケティング&接客マナー講座

講座の参加費用は4,000円とお手頃なので、興味のある方はぜひご参加ください。

Top