第117回 今年も絶賛開催中! 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭のL的注目作品

 

今年もやってきました! 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭の季節ですね!
毎年表参道のスパイラルホールを中心に行われるセクシュアル・マイノリティを題材とした映画祭で、私たちカップルにとっても本当に大切なイベントです。今年はシネマート新宿とスパイラルホールでの開催、すでに7月11日(土)から、シネマート新宿でのレイトショー上映がスタートしています。
ba9e445fb774ed1ffde94fbcaca3c353
24年という長い間ボランティによって運営されてきたこの映画祭。毎年尽力されているスタッフの皆さまに、心から感謝いたします。
2CHOPO編集部さんのピックアップ作品はこちらの記事で以前紹介されていましたね。
私が注目しているのはこちらの6作品です!
▶ドキュメンタリー好き必見の3本
84c8f1304cbb12db3cfc8225398379c1
(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭HPより)
59581d1b65a7c74002c5a0c49d5af4f3
(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭HPより)
82d470a6951f7ffb52ad41bcd72e439d
(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭HPより)
これまで私はどちらかというとフィクションが好きだったのですが、最近はLGBT関連のドキュメンタリー映画にとても注目しています。過去にも東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で『シェリー・ライト – カントリーシンガーの告白』『伝説のディヴァイン』などのドキュメンタリー映画を観て、大きな影響を受けました。
『ザ・サークル』は、スイスのゲイ雑誌にまつわる映画。ひろこさんはスイスに住んでいたことがあるので、スイスの話を聞きながら観られたらいいなぁ♡なあんて。
▶レズビアン、バイセクシュアル映画も毎年必ず観ています
5d7520099f0186d6ec7a432d78f552bf
(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭HPより)
26a0292e3659e230f1a4beb455fd2040
(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭HPより)

毎年どうしてもゲイ映画の方が会場が盛り上がるのような印象がありますが、レズビアンも負けてはいられません(笑)。レズビアン映画も大いに盛り上げていきたいと思います! 映画上映の前には協賛企業の広告が上映されるのですが、レズビアン映画のみに上映される広告もあるようなので、そちらも要チェックですね。

上記の他にも、『ボーイ・ミーツ・ガール』は一足先に観た方々が大絶賛。「必見だよ!」との連絡を受けて、急きょ観たい作品リストに追加した一本です。

ちなみに……私たちの会社、株式会社トロワ・クルールも映画祭を応援しています! シネアドは流れませんが、パンフレットに広告を出させていただいています。よかったら見つけてくださいね♡ フライヤー・パンフレットの配布先はこちら
そしてここで、『女の子』が好きな『女の子』注目の映画祭関連イベントのお知らせです!

 


7月19日(日)11:30〜の『ハンパな私じゃダメかしら?』の前に、表参道ゲイカルチャーカフェgossipさんで朝活交流会を開いてから一緒に鑑賞します。私たちこゆひろサロンからもスタッフが参加しますよ!
※映画のチケットは各自でご用意ください。
イベントの参加者をまだまだ募集していますので、ぜひお早めにこちらからお申込みください。詳細もあわせてご確認くださいね。
〔耳より情報〕映画祭期間中、このイベントの会場にもなっているgossipさんで配布している映画祭コースターと映画鑑賞チケットを映画祭会場に持っていくと、映画祭オリジナルグッズがもらえるキャンペーンも開催中だそうです! 他の配布先とキャンペーン詳細はこちら

「ストレートだけど、行ってもいいの?」
「カミングアウトしていない当事者なんだけど、行ったらLGBTだと思われない?」
そんな声をちらほら聞きますが、心配はいりません。映画祭にはさまざまなセクシュアリティの方が来場します。ストレートも、LGBTも、そのほかのセクシュアリティも、どんな人も楽しめる温かくて素敵な映画祭です。
「LGBTのイベントに行ったことがない!」という方にもおすすめです。スパイラルホールの会場ロビーには企業ブースやレインボーグッズの販売があり、映画鑑賞前後に楽しみながらLGBTの今がわかる仕掛けがいっぱいです! おひとりでも安心してご来場いただけます。
毎年人気の映画祭ですので、観たい作品のチケットはお早めにお求めくださいね。
コアな映画祭ファンも、今年初めて参加の方も、お気に入りの作品を見つけて楽しみましょう!

 

Top