同性愛者が旅行へ行くならココだ! ゲイやレズビアンが過ごしやすい国12選【恋愛jp】

 Comment  コラム   恋愛jp              

 

【相談者:20代男性】
昨年、フランスで同性婚が認められてから、世界の同性愛事情が気になっています。たとえば、ゲイやレズビアンが過ごしやすいように制度が整っている国といえば、どこになるんでしょうか。わかる範囲内でいいので、教えてください。

A.ゲイ専門旅行ガイド誌が、こんな興味深い調査データを発表していますよ。

ライターの雪見かおるです。ご質問ありがとうございます。

ゲイやレズビアンが過ごしやすいように制度が整っている国はどこか、というご相談ですね。相談者さんがおっしゃる通り、ここ数年の間で世界各国では同性婚を合法化する国が増えていますよね。最近ではフランスを始め、イギリス、ハワイなどで同性婚が成立。国内ではあまり話題になっていませんが、世界規模で見ると同性婚が徐々に身近なものになってきているのかもしれません。

今回は、そんな“ゲイやレズビアンの方に寛容な国”にまつわる、こんな興味深い調査データが発表されているのでご紹介します。

旅行する際の参考にしたい! ゲイにフレンドリーなランキングTOP12
調査を行ったのは、ドイツのゲイ専門旅行ガイド『Spartacus International Gay Guide』が2013年、世界の138か国を対象にゲイやレズビアンなど同性愛者にとって、旅行先として適している国をランキング化したもの。

調査方法は、「同性結婚・パートナーシップ制度」「同性カップルの養子縁組の可否」「LGBTマーケティング」「同性愛禁止法の有無」「ゲイ・パレードの取り締まり」「同性愛者の起訴・告発」などの計14の項目からなる評価基準をもとに、これらの総合スコアを高い順に数値化。

結果が上位であるほど、同性愛者の旅行しやすい国、同性愛に寛容な国として、各国それぞれのランキングが明らかになりました。

2f454f999e9d6017b50cebbb3330bc77

同性愛に寛容な国は、同性婚が認められているヨーロッパに多い!?
ではさっそく、その気になるランキングを覗いてみましょう。なかでも今回は、総合スコアが高い上位12か国をピックアップしてみました。

・1位……スウェーデン(欧州)
・2位……ベルギー(欧州)、フランス(欧州)、オランダ(欧州)、イギリス(欧州)
・6位……カナダ(北米)、デンマーク(欧州)、アイスランド(欧州)
・9位……ノルウェー(欧州)、スペイン(欧州)、ウルグアイ(中南米)
・12位……ドイツ(欧州)、セント・マーチン島(中南米)

これら結果を見る限りでは、ヨーロッパの国が大多数を占めていますね。細かく見てみると、デンマークは1989年に、世界で初めてパートナーシップ制度(異性結婚の夫婦に認められる権利を同性カップルにも認めるもの)を導入。オランダは2000年に、世界で初めて同性婚を導入している国です。

やはり歴史的に見て、早くに合法化を進めた国はランキング上位に来ているのかもしれません。ちなみに、日本の順位は60位。これについて同調査は、「同性愛に対して国民的な議論がなされることがなく、無関心な社会情勢がプラスの評価もマイナスの評価にも繋がらなかった」と、分析をまとめています。

日本はまだ同性婚やパートナーシップ制度について議論が活性化していませんが、世界では確実に合法化の波が広がっています。これから徐々に日本を含めたアジアにも、合法化の活動が進んでいくといいですよね。


【転載元】恋愛jp
【参考記事】同性愛者が旅行へ行くならココだ! ゲイやレズビアンが過ごしやすい国12選

ライター/雪見かおる

 

 2015/07/24 05:00    Comment  コラム   恋愛jp              
Top