東京都世田谷区が同性パートナーの宣誓を公的に認める書類を発行へ

 

東京都世田谷区は本日(29日)、同性パートナーの宣誓を認める公的書類を発行すると定めた「要綱案」を世田谷区議会に報告しました。

この要綱案には、世田谷区が発行する公的書類の具体的な効力などは明記されていませんが、東京都渋谷区の同性パートナーシップ証明書発行の条例可決(発行予定時期は今年10月)をはじめ、行政が同性カップルを認める制度を整備することで、LGBTに対する理解が広まることが期待されています。

世田谷区は今年の11月に、この同性カップルの宣誓を認める書類を発行する予定です。

今回の要綱案によると、同性カップルが世田谷区にパートナーであることを宣誓し、区が押印した宣誓書の写しと、受領の証書を交付してくれる仕組みとなっています。宣誓するにはお互いが20歳以上で世田谷区内に居住するか、一方が区内に住み、もう一方が転入を予定していることなどが条件となります。

渋谷区の条例は法的拘束力はないものの、事業者に公平・適切な対応を求めているので、差別的な行為をした場合は事業者名を公表する規定も盛り込まれていますが、双方が互いの後見人となる契約を結ぶことが必要となり、公証役場での手続きや費用が発生します。

世田谷区の要綱案は渋谷区のような規定はないですが、2人がパートナーシップを宣誓すれば、公的書類の交付を手軽に受けることができます。

渋谷区に続いて世田谷区が動き出しましたね! 2つの区で制度に違いはありますが、東京だけではなくどんどんこういった動きが広まることに期待しています!

 

Top