第113回 スターウォーズ小説版作者が、『作品にゲイを出すな』と言う読者に向けた一言とは

 

3114914967f3724453ad8b5f9eba1c8e

スターウォーズのこと、「警備員さんの棒で戦う映画」って言ったあの娘が好きだったわ。

まきむらよ。

毎週金曜、世界のニュースから性を考える時事コラム「まきむぅの虹色ニュースサテライト」をお送りしております。

今回のテーマは「スターウォーズ小説版作者が、『作品にゲイを出すな』と言う読者に向けた一言とは」です。

★ スターウォーズ公式小説最新作、意外な形で話題に
★ スターウォーズファン『ゲイのキャラとかいらね』→そのとき作者は……
★ そもそもなぜ『全員シスヘテロのはず』前提で映画を観ちゃうのか問題

以上の流れでお送りします!


★ スターウォーズ公式小説、意外な形で話題に

スターウォーズ。

世界的な人気を誇るこのシリーズは、もはや「スターウォーズ観たことない」って人ですら「ダークサイドに堕ちる」とか「ヨーダみたいな顔」とか「上司からの着信がダースベイダーのテーマ」みたいな言い回しを耳にするほど有名なものですよね。

映画・小説・はては絵本と、さまざまなメディアで展開されるこの「スターウォーズ」シリーズ。中でも、このたび全米で発売された公式小説「スターウォーズ:アフターマス」(日本語版未発売/2015年9月現在)は、思わぬ形で話題になっています。

というのも、小説作者のチャック・ウェンディグ氏が、読者からの「スターウォーズにゲイのキャラなんかいらない!」という苦情にこんなふうに答えたからです。


★ スターウォーズファン『ゲイのキャラとかいらね』→そのとき作者は……

以下、Amazonレビューに「ゲイのキャラいらね」とか「同性愛は異常」とか書いて★1つつけてくる人たちへ、作者が公式ブログで書いた文章です。

もしあなたがたが、この本(「スターウォーズ:アフターマス」)にゲイのキャラクターが出てくることを怒っているならば、どうしようもないことだと思う。悪いね、ギーギーうるさいトカゲ星人ども……隕石が来てるんだよ。しかも、ファビュラスにゲイゲイしい、虹の尾を引くニャン・キャット彗星が。

f02b25870733d6c871e1066db1fd6dc0

あなたがたの価値観は絶滅するだろう。あなたがたは革命軍でもない、いいヤツでもない、ただのファッキン帝国軍だ。クソ以下の、抑圧的な、全体主義の帝国軍だ。

「ゲイがウザいから」という理由でルーク・スカイウォーカーがイラ立つような世界を想像できる人間は、まったく、「スターウォーズ」という作品における大切なことを見落としているんだよ。そんなこと、ハンセン病患者の喉元にハイキックかますジーザスを想像するようなもんだろう。癒すことをしないジーザスを。

帝国軍みたいなことはやめるんだ。革命軍に入ってくれ。ここには愛があり、受容があり、すばらしい音楽とキュートなドロイドがある。

(ブログ「terribleminds」より筆者抄訳、2015年9月10日閲覧)

いかがでしたでしょうか。
なんていうか

ボッコボコやな

って感じですけど、この文章が「ブリリアントだわ!!」「オゥイエァ!!」ってツイッターで大好評なあたりさすがアメリカだわって思います。特にこの

「古臭い差別主義者の帝国軍 vs 新しい時代の僕たち革命軍」

みたいなわっかりやすーい世界観、もうさすが正義が悪を駆逐し、共和党と民主党が戦う国アメリカですね! USA!! USA!!!!!!

まぁ、なにはともあれ、本件を通して考えたいことはこのことです。


★ そもそもなぜ『全員シスヘテロのはず』前提で映画を観ちゃうのか問題
d84d3eb27a3f28a135c061fe610f31db
今回の件について、一つ確実に言えることはこれでしょう。

「2015年は、スターウォーズみたいな有名作品にもオープンリーゲイのキャラクターが登場し、しかもそれに対して『同性愛は異常』とか言い出す人の方こそが悪役扱いされる時代なのである」

いやぁ、未来、来てるわね。スターウォーズが日本初公開された1978年にはオープンリーゲイの議員が殺害されたりする時代だったことを考えると、マジ、未来、来てるのよ。

ということで、オープンリーゲイのキャラクターがスターウォーズに登場したことは、たしかに時代の変化を示すひとつのシンボルではあるのだと思います。

ただ、ただね。

こういうこと続けてると、だんだんこういう話になってくるじゃない。

「あの有名作品にまたゲイのキャラが出たって!」
「えっ!? レズビアンはいないのに? またビアン軽視だ!!!!」
「トランスジェンダーも出てないよね?」
「バイセクシュアルは?」
「クエスチョニングは?」
「アセクシュアルは?」
「デミセクシュアルは?」
「アロマンティックアンドロセクシュアルのキャラはまだ?????」

……っていうことで、創作でも現実でも、そろそろ以下の心がけをすることが大事なんじゃないかなあと思います。

(1)カミングアウトしていない人間はみんなシスヘテロモノアモリーだ(=いわゆる“セクシュアルマイノリティ”じゃない人だ)、なんて思いこまないこと。

(2)レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーなどなどなどといった諸々の用語に、誰もが必ずあてはまるわけじゃないんだと知ること。
たとえば映画の男性キャラクターを見て、「ゲイって言ってないんだからゲイじゃないはず」「女と結婚したんだからゲイじゃないはず」「男っぽい見た目なんだから本人も自分を男だと思ってるはず」みたいに思い込んでしまうこのシス異性愛前提な見方こそ、いろんな問題の根源だものね。

世界は、そんなに単純じゃないはずです。少なくとも、帝国軍vs革命軍ってほどには。

dea17cfbc78c3d2c61c28a71cc590d01

写真:PAKUTASO

ということで、読んでくださってありがとうございました! また来週金曜日にね。まきむぅでした◎


▼ツイッターもやってるよ(ツイッターやってない人も見られるよ)

 

Top