渋谷区の同性パートナーシップ証明書は11/5から発行開始

 

渋谷区は、同性のカップルを「結婚に相当する関係」と認めて発行する証明書(通称:同性パートナーシップ証明書)について、今月28日から申請の受付を始め、11月5日から発行すると長谷部区長の会見で明らかになりました。

行政が同性カップルへの証明書を発行するのは、日本で初めてのこと。対象となるのは、渋谷区に住む20歳以上の同性カップルで、原則お互いを後見人とするものと、信頼関係を示すものの2種類の公正証書の提出が必要となるそうです。

また世田谷区では、同性のカップルから宣誓書を受け付け、区が宣誓を証明する受領証を発行する取り組みを新たに始めることを発表しており、こちらは11月1日に申請の予約を開始し、11月5日からの実地を予定しています。

実際にこのパートナーシップ証明書を発行してもらうために、事前にどんな書類が必要で、どのような手続きをするのか、発行費用など疑問を持っている人も多いかと思います。

2CHOPOでは、具体的にどのように発行されるのか体験記を公開する予定です!!
お楽しみに。

 

Top