第132回 【写真レポート】渋谷区パートナーシップ証明書申請!

渋谷区パートナーシップ証明書の申請が今日10/28からスタートしました!
今年4月の条例施行から、今か今かと発行のための手続き開始を待っていた私たちは、初日の今日、さっそく渋谷区役所に申請の手続きに行ってきました。今回はその様子を写真多めでお届けします。
10月28日(水)
午前6:50 渋谷区役所前に到着。

早くに目が覚めたので、気合いを入れて早めに行ったら一番乗りでした。

da92a9db081770daea798fc67d642595

午前8:30 申請手続き開始。

ピンク色の「証明書交付申請書」に記入。

42535b00a3da1f69798a4da0e3aaf313

15b111d9d4c815e607057314bc85a405
*私たちは戸籍課窓口で申請手続きをしましたが、プライバシーや人の目が気になる方は、個室での手続きも可能です。
申請書類である「戸籍謄本」「公正証書(原本還付可能)」「身分証明書(提示)」を提出。
黄色の「受付票兼証明書交付引換証」を受け取り。
受付番号「1」番をいただきました!
「用紙が黄色いのは、他の書類の中に埋もれてしまわないように、目立つ色にしました」と職員の方が教えてくれました。

申請の手続きは数分で完了。

a6b1caa8542a83d23700b9830e8d5b82

225e010e2fe8a706b37f0f566302c48c
午前8:40 申請初日ということで、多くのメディアの方が取材に来ていました。囲み取材に。
0c0b22b9d38a4fa6fc07bd82242b6147
……という流れで、申請してきました。
実際にパートナーシップ証明書が発行されるのは11月5日〜
世田谷区の、パートナーシップ宣誓書の受領書発行と同日スタートです。

取得したらあらためてご報告しますね!

efeeb7cdfa5f7844d77517fd94f7596c

さて、渋谷区パートナーシップ証明書は、申請に必要な書類に「公正証書」があり、どうやって作ればいいのか、金額がいくらくらいかかるのかよくわからないという声をよく聞きます。
私たちの場合どうだったかというと、
・公証役場に予約をとって
・「パートナーシップに関する合意契約公正証書」1種類のみ作成
(*パートナーシップ証明を行う場合の確認に関する特例を適用)
・公証役場で上記作成にかかった費用は18,250円
でした。公正証書作成の金額は、基本費用+枚数で計算されます。私たちは司法書士さんに相談して、この機会に証明書の申請に必須の項目だけでなく、共同生活に関する諸事項を文書にしたので、枚数の関係で通常より少し高めに費用がかかりました。必須項目だけですと、おそらく14,000円前後になると思います。
くわしくは渋谷区のHPに情報がまとまっていますので、ぜひご覧ください。
→14ページに「合意契約公正証書の文例サンプル〔特例型〕 」あり

 

Top