第一生命、「パートナーシップ証明書」提出で生命保険の受取人に指定可能

 

第一生命保険は11月5日、東京都渋谷区が同性カップルに交付を開始した「パートナーシップ証明書」を提出すれば、生命保険金の受取人に同性のパートナーを指定できるようにすると発表しました。

日本生命保険が第一生命と同様の方針を既に決めたほか、明治安田生命保険や住友生命保険など生保各社にも指定の判断材料として検討する動きが広がっているそうです。

生命保険の受取人は原則として配偶者や親など親族に限定されていたので、これはグッドニュースですよね。

しかし、渋谷区に限定されている現状を考えると東京のみならず地方の行政も今後渋谷区と同様な証明書交付を速やかに判断してもらいたいと思います!

SOURCE:産経ニュース

 

Top