第2回 小劇場で頑張るミュージカル

 Comment  連載   36℃芝居〜温めがお好き〜              

 

青木結矢です。同性パートナーシップ制度始まりましたね。

結婚と同等とまではいきませんが俺らの掛け替えのない愛を証明書で認めてくれるんだもん。俺らにとっては歴史的瞬間。
このような制度があるといざという時に助かりますね。俺らにとって大きな大きな一歩です。

そして今、「偽装の夫婦」ってドラマがやってますね。
俺は嫌なんですよ。偽装結婚。いや。俺らには色んな事情があるんですよ。しなくちゃならない事情が。
俺が20歳前半頃ゲイバーに飲みに行った時、結婚してる方と出会いったことがあった。
結婚して子供もいて。でもゲイバーで遊んで男と遊ぶ。
そんな事が奥さんや子供にバレたらって思ったらぞっとするし。日頃嘘で塗り固めた生活送ってるわけでしょ? 俺には出来ないと当時思った。

だから観るつもりもなかったんだけど。大好きな天海佑希さんが出演しているしhuluで配信されていたので見てみるかと思い見てみたらこれがすげー面白い。こんな生活俺には出来ないけど。でもお互い了承してればいいのかな? 友達とルームシェア的な感じで楽しいそうなんて思ったりもしたけど、相手の幸せ考えたら出来ないですよね。相手がノーマルであればなおさら。

だけど偽装結婚してる人が悪者ではない。偽装結婚しなくてはならない事情が僕らにはあることを理解して欲しい。
色々あるけど。親に「孫の顔が早く見たい」とか。従兄弟が結婚すれば親戚に「次はお前だな(女性と)」なんて言われる。叶えたいけど俺には叶えられない。
でも先祖が大切に繋いで守ってきた家系をここで絶やしてしまったらと考えるとそりゃ辛いですよね……。両親に孫の顔を見せてやりたいですよ。やっぱり。

でも自分に嘘をついて生きていくのは違うと思う。
だから子孫を残せない俺らにでも出来ることを考えていくべきですよね。そうしたら同性婚も認められるかもしれない。
これから生まれてくるLGBTの子供たちの為にも結婚という選択があってもいい。

ドラマ「偽装の夫婦」俺らの直面する問題を面白おかしく描かれているドラマ。笑えます。このようなドラマが始まったこともすごいことですよね? 来年にはレディスラブのドラマをやるらしいし。時代は変わり始めてる。最終回まで楽しみに拝見しようと思う。

さて今回はミュージカルの紹介をしたいと思います。
俺が初めてミュージカルを見たのは3歳の時。新宿コマ劇場で観た「ピーターパン」、この作品を見なければ俳優をやってないかもしれない。昔とは違って今はいつでもどこでもミュージカルが上演されている。「あっミュージカル観に行きたい」と思えばすぐ観に行ける。ミュージカルを上演する会社もどんどん増えてる。時代は変わりましたね。そしてここ数年。小劇場が熱い。海外作品の権利を買って小劇場でミュージカルを上演してる小さな団体やオリジナルミュージカルを上演している団体が増えた。ここで小劇場で頑張ってる団体、海外作品を紹介したいと思います。

まず今まで4作品海外作品を上演している「score produce」。

一つ目はオフブロードウェイで2番目にロングランした大人のラブコメディミュージカル
「I LOVE YOU, YOU’RE PERFECT, NOW CHANGE」
cb49dc902c080d061c9c9051cdce493c
そして日本でも有名な若草物語のミュージカル。
「little women~若草物語~」
4bddbd1d6b6aa1622de6772d194e9464

そしてニューヨークを舞台に結婚を控えた30代の男女と、夢を追い掛けている20代の男女4人のお話。
オフブロードウェイミュージカル「Ordinary Days ~なにげない日々~」

13eb31fe091e5fb992431d7d556d4985

その中の一曲。I’ll be hereが好き。この曲があるからこそこの作品が出来たかのようです。尊敬する先輩、吉沢梨絵さんが歌う「I’ll be here」です。

そしてゲイの高校生のお話「bare」

1b4e9042b6724ec5d50951a7b3c568e2

この作品がなければ彼氏と別れなかったかもしれない(笑)
この作品は来年score produceさんから離れ別の会社が上演するそう。
ミュージカルのMNPですね!!(笑)

今まで小さな団体でここまで頑張ってる団体は「score produce」さんしかないと思います。
今後の活動に乞うご期待です!!「score produce」公演情報などはこちら

そしてもう一つMusicalPUBでお世話になっている「ステージパートナーズ」さんを紹介します。
来年ブロードウェイ作品を初めて上演します。
ブロードウェイミュージカル「VIOLET」日本初演。
a1ad87f88d7383b064659fef8bea8151

顔に一生消えない傷を負ってしまった女性のお話。
オフブロードウェイで生まれトニー賞女優「サットン・フォスター」主演でオンブロードウェイでリバイバルされた作品。
サットン・フォスターがノーメイクで挑んだ意欲作。トニー賞にもノミネートされていました。

この作品は人種差別などが描かれています。黒人も登場します。日本人が黒人をどう演じるのか?
人種差別を描いているからこそ、その表現の仕方が問題だと思う。昔、和製ミュージカルで日本人の俳優が黒塗りで黒人を演じる作品を観た。

海外作品ならまだわかる。色々な契約もあるしね。でも和製ミュージカルだからこそ、その黒塗りに違和感を覚えた。ニューヨークで公演キャンセルされたオペラ「ザ・ミカド」白人が日系人のようなメイクで演じるそのイエローフェイスが問題視され大炎上したってニュースを見た事がある。

日本だから許されるけど、和製ミュージカルをアメリカで日本人が黒塗りで黒人を演じたら問題になるじゃないかな。作品の内容によるんでしょうけど。そんな和製ミュージカルを見ると黒塗りしなくても他の方法で表現できないものか?といつも考えてしまう。

それをどう演出するか? 先日演出家が熱く語っていた。その演出プランを聞いた時、鳥肌が立った。俺が観たいのはそれ!! 来年の日本初演が楽しみでならない。

一生消えない傷を負ってしまった女性。他人と「違う」顔のせいで引きこもる生活を送っていた彼女だが、25歳になったある日、傷を治せる牧師がいるというTulsaまで旅に出る。旅の道中、様々な境遇にある人、黒人兵士のフリックなどとの出会いから、彼女の顔の傷、さらに、心の中に深く刻まれた傷は癒されるのか。人間が持つ本当の美しさとは何か、本当の愛とは何か、本当の勇気とは何か、差別されるとはどういう事なのかを学んでいく。ミュージカル「VIOLET」日本初演。乞うご期待!!

e700afaae78f01b8bc79bf64d31e233e

チケット発売や公演詳細はこちら

小さな団体が小劇場でミュージカルを上演するようになったここ最近。ここで紹介していない団体もまだいっぱいあります。ミュージカル界の若者たち頑張ってますよね。

でもミュージカルコミュニティからはみだせてないのなが現状。だって知らないでしょ? この団体もこの作品も。予算のない中でどう外に広げていくかそれか課題。でもみんな頑張ってます。ニコニコ動画やトーク&ライブなどやってたりしてる。
良質なミュージカルを小劇場でも見れるよになった最近。オフブロードウェイのように日本でも小劇場でミュージカルのロングラン公演が始まる日がいつか来るのでしょうかね?

これから優秀なプロデューサーが育って多くの方にミュージカルを見ていたく機会がこれからも増えたら嬉しい。日本人が映画を気軽に観に行くようにミュージカルも気軽に見に行けるものになって欲しいな。それには手軽な価格で観劇できる小劇場がこれからもっと盛り上がっていけばいいと思う。最近、劇場不足が深刻ですが負けずに頑張ってほしいですね。応援したい!! 今度は小劇場で頑張る和製ミュージカルを紹介したいな。

そして俺の宣伝。

12月5日に朗読ミュージカルをやります。
朗読ミュージカル「ジェイコブのラヂオ」
朗読ミュージカル「幸福の王子」
そしてちょっとクリスマスのお話。

5966c7c72934f8af18d0e5f760954038

2015年12月5日
14:00開演
19:00開演
2回公演
共に開場は1時間前。ランチ、ディナーを兼ねて早めにご来場ください。
チャージ:¥3,000+ワンドリンク¥500
脚本:みずはら沙璃
Cast:小西のりゆき、青木結矢、高橋航大
Piano:塚越恭平

「BeerBar Gaudium.」
東京都中央区銀座1-14-10 松楠ビル B1F
http://www.gaudium.tokyo/access/

お時間ありましたら聴きに来てください!!
お申し込みは
https://www.facebook.com/events/502844793224883/

 

 2015/11/10 13:30    Comment  連載   36℃芝居〜温めがお好き〜              
Top