世界ではじめて同性カップルを認めた町、コペンハーゲンへ。vol2.(観光・レストラン・ゲイバー篇)

 Comment  コラム   コペンハーゲン              

 

大人が愉しめるパリを知っている。
永遠の都ローマの夕陽も眺めた。
バルセロナのサグラダファミリアでは息を呑んだ。
さて、次に目指すヨーロッパはどこなんだろう……。

なぜだか僕には、「北欧はとても遠い」「北欧は飛行機が高い」という心理的距離感があった。それが実際に調べてみると、パリやローマよりもむしろ短い飛行距離だし、値段も全然変わらなかったのだ……。

c1f15340181bf00a48c5cab301673243
窓の外に見えるのは風力発電。デンマークのエネルギー自給率は150%。

コペンハーゲンは町が平坦なので、自転車が世界一走りやすい町だと言われている。実際に道には、歩道と車道の間に、わざわざ自転車専用道路かあるし、びっくりするようなおじいさんおばあさんも自転車に乗ってものすごい勢いで走っている。

0147caeef3a90e4dd12608cd0b201eda

町は大きすぎず、主要な名所はコペンハーゲン市庁舎からアンデルセンの童話『人魚姫』の像まで、基軸のように横にほぼ真っ直ぐに並んでいる。そしてその上下に様々なお城や美術館、展望台を備えた塔などがある。

61e922ae3d2ef765bc6ca035a04f5f5e

観光のおすすめは水上バス。ブラックタイヤモンドと呼ばれる『Det Kongelige Bibliotek 王立図書館』のそばから、一番の観光名所である絵葉書のような町『Nyhavn ニューハン』に立ち寄り、オペラハウスを眺めつつ、アンデルセンの『人魚姫』像のそばまで連れて行ってくれる。

878695d053ccb2c5e89e766c813f2b36
73b868a2fb4bc90e720b3bcf944245e2
5319d4da378d442f6a027fe3d5dbebfa
写真上から:王立図書館、ニューハン、オペラハウス。

人魚姫は、世界三大がっかり名所とも言われているけど、『人魚姫』の話を思い出しただけで今でもせつなくなってしまうくらい好きなのだ。(王子様を愛するがゆえに泡になってしまうなんて……なんてゲイ泣かせなの……)

c48236af57aa56a7c7eee37fb954c6d9

『人魚姫』のそばには、今回とても楽しみにしていた『Designmuseum Danmark デザインミュージアム』があり、アルネ・ヤコブセンやハンス・J・ウェグナーなどの作品をゆっくりと見ることが出来る。

da8ca4cfe4776a97dd6915ea392339ab
ff3bf92da111106f2086a0e0b639d7b6

『デザインミュージアム』からは、国王が住む『アマリエンボー宮殿』の周りを散策するのもいいし、北に上がって『ローゼンボー離宮』へ立ち寄って王冠などを見てもいい。

887d3124aea3ac6d7023664b8c501b48
6a6b98011a6e44b3faa9740620c4e145
ローゼンボー宮殿。

最も有名な『Strøgetストロイエ』という観光客で賑わう通りの周りにある様々なショップを覗きながら歩いたり(レゴのお店もある)、『Rundetårn ラウンド・タワー』の上からコペンハーゲンならではの美しい町を眺めてもいいし、『Magasin du Nord マガシン』や『Illums Bolighus イルムス・ボーリフス』などのお洒落デパートをのんびりと見るのも楽しい。

a608c3812c176072e7f19e986395a153
c56dec08941873210178a14e4b69548e
レゴのショップ。

44463412e6b639bf7e18ba90aad6c943
117820e407c688abacbf68e36525a322
写真上から:ストロイエ、ラウンドタワー、ラウンドタワーからの眺め。

ストロイエを抜けて『コペンハーゲン市庁舎』まで出たらアンデルセンの銅像がある。そして、ウォルトディズニーが着想を得たという有名な『Tivoli チボリ公園』はすぐ隣。チボリ公園から斜め向かいを見ると、ヤコブセンが建物からインテリア、シルバーに至るまですべてデザインしたホテル『Radisson Blue Royal Hotel』がある。これでほぼ、一通りコペンハーゲンの主要な場所は見たことになるし、町の構造がわかる。

c6b8cbfef51e2ae0b1c4441540039762
65c8dde67498ddfe6ea3fe0757e898b5
写真上から:アンデルセン、チボリ公園。

それにしても……「なんでもっと早くコペンハーゲンに来なかったんだろう……」と思ってしまうくらい、美しい町並みなのだ。

dc5fb0cd7f07d36e20590fa61c75a2c7
c9b089c90d86231bf19c5901deaefa93
絵ハガキのようなニューハン。

また、イタリアやフランスやスペインの町にいるような、スリやひったくりに気を許せないあのピリピリとした感じもない。そして、ここが重要なポイントなのだけど、町中で男同士女同士で腕を組んで歩いていても誰も気にしないような自由な空気感があるのだ。つきあいはじめてから初のヨーロッパ旅行や新婚旅行にもいいかもしれない。

<コペンハーゲンのレストラン>
今回、突然決まった旅行だったので、「世界一のレストラン」と言う名を欲しいままにしている『NOMA』など有名店には行けていないが、コペンハーゲンには世界の食通も注目するお店が続々とオープンしている。また、デンマーク料理の特徴なのか、フレンチやイタリアンのような、前菜、第一の皿、第二の皿、デザート、という決まった順番があるわけでもないようなのだ。僕の行った店は、メニューの中からいくつか選んでくださいね……といった感じで、野菜も肉も魚も一緒くたにされて書かれている感じだった。

COFOCO
おすすめ度:★★★★
13394e053cbaf600af0d81ff24aad160

この店が一番美味しかった。野菜を中心に素材を活かして焼くだけなどの料理は、シンプルで美味しい。店内もとてもいい雰囲気で、店員さんも親切に料理を説明してくれる。ネギのグリルと、チキンナゲットを頼んだのだけど、チキンナゲットと書かれていて面白がって頼んだら、サクサクしていて海老フライのようだった。同系列にイタリアンもある。

AAMANNS
おすすめ度:★★★★
962624e0040038949b02df1389c630bc

ミシュランの星つきのレストランも併せ持つ有名店。隣はスモーブローをテイクアウト出来るカジュアルなお店。頼んだ牛肉のタルタルとチキンのマスタードマヨネーズ和えは、サンドイッチとは思えない美味しさ。大きさも小さめで食べやすい。(スモーブローとは、肉や魚や野菜がたっぷりとのったオープンサンドイッチのこと。見えないけど具材の下にライ麦などのパンが隠れている。サーモン、レバーパテ、豚肉、牛肉のタルタル、小エビなど、色々な具材を店頭で選んで注文すると、お皿にのってメインデッシュのごとくやってくる。これにアクアヴィットやビールも飲むのが彼らの昼食)

IDA DAVIDSEN
おすすめ度:★★★★
7aeb4b05409ec706450302415a19ed64

1888年オープンの老舗は30種類くらいのスモーブローが見本のようにカウンターに並んでいておばちゃんが説明してくれるので、指を指してお願いするといい。昼時はひっきりなしに人がやってくるので、早めに行くと席を確保出来る。ゆで卵の上に、これでもかというくらいタラコのような魚卵と、信じられない量の小さな樺太ししゃもの卵が乗った一品は、卵好きの僕にはこたえられない美味しさだった。

MANFREDS
おすすめ度:★★★
a485d60f5e1660c477857e3712c94755

Relaeというミシュランの一つ星有名店の系列店。Relaeの向かいにあり、同じシェフが見ている。一番期待した店だったのだけど、7皿頼んだうちの4皿が酸っぱい野菜料理だったのだけど、夏のコペンハーゲンの料理は、酸味の効いた料理が多いようだ。

MADKLUBBEN VESTERBRO
おすすめ度:★★★
a00d54096255bed87aa78ab6d20353ff

店内は広く、中では楽しそうに何人かで料理を作っている。オーブンでじっくり焼くお肉料理がメインなのだけど、シェアする四人前の牛肉なんかを見ていると、肉塊といった感じだ。当然のように鳥も一羽丸ごと出される。牛肉のタルタルも、ラム肉も美味しかった。

<コペンハーゲンのゲイバー>
場所は、コペンハーゲン市庁舎から見てチボリ公園とは逆側にほとんど集中している。一軒を除いて、ほとんどすべてのゲイバーが女性も入れるミックスになっている。(何人かに聞いたのだけど、ビアンバーはないようだった)

OSCAR 
おすすめ度:★★★★
053aff311ea8edd229e1c4903e1c110b

コペンハーゲン市庁舎に隣接した広場に面したカフェは、地元の人も旅行者も、セクシュアリティに関係なく気軽に立ち寄ることが出来るし、気持ちのいい空気感に包まれている。明るくオープンな店が好きな人はここがいいだろう。

Masken
おすすめ度:★★★★
50afb17e4ff82d0059afa5f21e9e3e6c

一階と半地下からなる店内は音楽がかかり、人で溢れかえっている。20代から60代と幅広く、友人と連れだって飲みに来ている感じ。女性客は、1割から2割くらいだろうか。

Centralhjornet
おすすめ度:★★★★
a84e9090f5ce0c04af7fee5acc73c016

コペンハーゲンの中では、最も古いゲイバーの一つでとても居心地のいい店。広い世代が来ているが、昔から来ている常連がのんびりと長居している感じ。デンマーク人のおばちゃんなんかが「あなた、どこから来たの?」と気軽に話しかけてくる。

Kiss Kiss
おすすめ度:★★★
73c62e09afc642bd8c7ec4f87918d4ba

出来たばかりの店らしい。サロンのような明るい店内が一階にあり、半地下は大音量の音楽が流れている。サロンでは、年配のちょっと上品なお客さんがゆっくりとお酒を飲んでいる。

Jail House
おすすめ度:★★★

レストランとバーに分かれていて、店員さんは警察官の制服を着てコスプレをしている。こういうコスプレバーは、日本にはほとんどないかもな。

Men’s Bar
おすすめ度:★★★
42418c03bf786dace4cb73233fab9034

コペンハーゲンで唯一男性のみ入店可能なお店。名前の通り、みんな”男らしく”、獲物を狙って飲んでいる感じ。暗く淫靡な雰囲気が好きな人はここへ。

Cozy Bar
おすすめ度:★
小さめの踊れるクラブで、大音量で音楽が流れていて店内は若者で大変混み合っている。どこがcozyなのだろう…と苦笑いした店。

HOMO WARE
a9ce9a00082ee54b83a0f9cabd3dcea2
番外としてかわいいレインボーグッズから、ハードなレザーまで、グッズを専門に扱っている。

町を歩いていても、不思議なことにアジア人にはほとんど会わないので、僕がゲイバーに行ったら透明人間のように扱われるのではないかと思っていたのだけど、行く店行く店で気軽に声をかけてくれる人たちがいて驚いた。ニューヨークなどでは時々、アジア人はまるで観葉植物のように扱われることがあるのです。(笑)

最初に入ったバーで気軽に話しかけてきて、お酒をごちそうしてくれたやさしい紳士がいたので、そこで飲んだ後、ついでにその紳士を外に連れ出し、お店を何軒も紹介してもらいがてらはしごさせてしまった。

デンマーク人って、やさしいですね……。


【関連記事】
▶︎世界ではじめて同性カップルを認めた町、コペンハーゲンへ。vol1.(LGBT篇)


★駐日デンマーク大使館
Facebook:https://www.facebook.com/EmbassyDenmark/
Twitter:https://twitter.com/DanishEmbTokyo

★アジアも、世界も。LGBT旅行会社 アウトアジアトラベル www.outasiatravel.com

 2015/11/13 12:00    Comment  コラム   コペンハーゲン              
Top