2016年夏、ルーヴル美術館が監修したマンガ展が日本上陸!

 

edafacc761baec07de84f939c78b4979

フランス、ルーヴル美術館が総監修するマンガ展が、来年2016年7月22日から9月25日まで開催されることとなりました。

このマンガ展の会場は森アーツセンターギャラリーで、「ジョジョの奇妙な冒険」で知られる荒木飛呂彦など日本のマンガ家やフランス語圏の漫画「バンドデシネ(BD)」の作家が出展する予定です。

古代文明から19世紀中頃までの作品コレクションを有するルーヴル美術館。その新企画として、実は漫画/BD作家に”ルーヴル”をテーマに自由に表現してもらう「ルーヴルBDプロジェクト」が2005年より進行中なんです。各作家たちの無限のイマジネーションから生まれた各々の作品は、日仏で出版され、その芸術性の高さが話題となっています。

そして今回、その作品群を一同に結集した特別展が、2016年夏より、漫画の聖地・日本で開催される運びとなった模様です。

参加アーティストは、先述の荒木飛呂彦や『孤高のグルメ』の谷口ジローをはじめ、ニコラ・ド・クレシーやマルク=アントワーヌ・マチュー、エリック・リベルジュ、ジャン=クロード・カリエール&ベルナール・イスレール、エンキ・ビラルなど。

もちろん、このほかの参加アーティストは後日発表予定で、東京以外に大阪や名古屋での開催も検討されているそう。

ルーヴル美術館が総監修するマンガ展なんて気になる! 日本のマンガ家の追加ラインナップも楽しみですね!!

タイトル:未定
会期:2016年7月22日(金)〜9月25日(日)
会場:森アーツセンターギャラリー
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階

特設サイトはこちら

 

Top