神奈川県海老名市の市議会議員が「同性愛」に差別的な発言

0393f6ee1c73ecc5b2ba7d1207eb882d
Twutter:@turusashi_masumより

11月29日未明、神奈川県海老名市の市議会議員が、Twitterに同性愛の人たちは「異常動物だ」とする差別的な書き込みをしていたことが分かりました。

取材に対し議員は「酒に酔ってふざけて書いた」と話しているそうです。

書き込みをしていたのは海老名市議会の鶴指眞澄議員で、Twitterに「マスコミに報道された人物は優越感が出る。一例が同性愛だ。生物の根底を変える異常動物だ」などと、差別的な書き込みをしました。これに対しTwitter上では大きな批判が相次ぎ、議員はすでに書き込みを削除しています(上記画像)。

鶴指議員は29日夜、日本テレビの取材に対し「酒に酔ってふざけて書いた」と釈明し議員辞職はしないとしています。

……週末、この話題がSNS上で一番目にすることが多かったように思います。酒に酔ってふざけたら、こういった発言をするものなんでしょうかね?

「同性愛」に関して、ポジティブなこともネガティブなことも取り上げられることが多くなったのはいいことだと思いますが、できればポジティブなことが大きく取り上げられることを望みます。海老名市議会の関係者の方々の当議員に対する対応に注目したいです。

SOURCE:日本テレビ系(NNN)

Top