全国で3例目!兵庫県宝塚市が同性パートナーと認める公的書類を来年6月に発行

兵庫県宝塚市は11月30日、同性カップルをパートナーと認める公的書類の発行を来年6月から始めると発表しました!

同性パートナーに対して、行政がこうした公的書類の発行するのは東京都渋谷区、世田谷区に次いで全国で3例目となり、LGBTの権利保障や理解が深まることを期待しているそうです。

同市は世田谷区の制度を参考にし、婚姻届のようにパートナーであることを宣言する「宣誓書」を市役所に提出すれば、市長名で「受領証」を発行するとのこと。書類に法的な拘束力はないですが、同性カップルが市営住宅に入居できるよう資格要件に新たに受領証を加える条例改正も進めているそうです。

渋谷区、世田谷区だけではなく宝塚市も動き出しましたね! しかも今回は「市」が動くということで、広い範囲でこの公的書類を受け取れる同性カップルがいると思います。今後こういった動きがさらに広まることを期待しています!!

Top