【あっぱれ】日本IBMが同性パートナー登録制度を新設し2016年1月から導入!

 

日本IBMはLGBTの社員が安心して働き、能力を最大限に発揮できる環境を整えることの一環として、社員が配偶者と同じと考える同性パートナーを会社に登録する『IBMパートナー登録制度』を新設し、来年2016年1月から導入することを発表しました!

具体的には、日本IBMの正社員とその同性パートナーが対象で、制度導入者は登録したパートナーとの特別有給休暇や育児および介護休職を取得することが可能となり、慶弔見舞や転勤となった際の赴任旅費なども支給されるそうです。

IBMと言えば、LGBTフレンドリーな企業として世界的にも有名ですが国内においてもこういった制度が導入されるのは素晴らしいことですよね!

東京都渋谷区の同性パートナーシップ証明書の発行が「行政」、ライフネット生命保険の同性パートナーが保険金の受取人となれる「サービス」、今回の日本IBMの「企業制度」と徐々にですがLGBTの権利保障が広がることを期待しています。

国内企業のみなさん、日本IBMさんの制度を見本としてどんどん実施してくださーい。

SOURCE:日本IBM

 

Top