第2回 小説家 榎田尤利/ユウリさんとの対話(後編)

1995年、『小説JUNE』誌上の「小説道場」で投稿デビュー。2000年に単行本デビュー。以来、榎田尤利名義でBL小説、榎田ユウリ名義でライトノベルを発表。2013年には通算100冊記念本が出版されるほどの人気作家となった榎田尤利/ユウリさん。

 

第2回ゲスト:榎田尤利/ユウリさん
93482b5a3211ab10def94893853189f2

インタビュアー:溝口彰子
3190788880216c3b283da328f9e2cfd8
©Katsuhiro Ichikawa

 

私が榎田さんと知り合ったのは、たしか1999年ごろ、ご本人のウェブサイトに併設された超高速回転掲示板(通称「黒板」)への書き込みがきっかけでした。拙著『BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす』(2015、太田出版)でもBLコミュニティ感覚のエピソードや「進化形BL」作品の例としてなど、幾度も登場してもらっている榎田さんに、前回に引き続き対話編のお相手をお願いしました。

 

▶︎対話編 前編はこちら

 

究極的には誰か自分以外の人に作品を読んでもらいたくなった

 

溝口:榎田さんのデビュー作である「魚住くん」シリーズについてうかがいます。第1話「夏の塩」は1995年に『JUNE』誌上の「小説道場」へ投稿して掲載になったわけだけど、投稿作品ってことは、誰に依頼されたわけでもなく、言い方は悪いけど、「一人で勝手に」書いたものですよね。この魚住って、どこから生まれたの?

 

榎田:うーん、よく覚えていないんだよね……。単行本になったのが2000年で、最初の投稿は1995年だけど、書いていたのはもっと前だからねえ。

 

溝口:当時『JUNE』に投稿していた人って、『JUNE』の熱心な読者で、だから自分も「JUNE小説」を書いてみて投稿しようっていう人が多かったわけだけど。

 

榎田:私の場合は、小説らしきものは高校生のときから書いていました。結構早い時点でワープロを買って……まだディスプレー表示が3行くらいしかない時代(笑)。就職してからも働きながらぼちぼちと小説を書いてはいたけど、そんなにガッツリ取り組んでいたわけではないですね。「夏の塩」については、たしかすでに書いてあったものがあって、それを『JUNE』に投稿しようと思ってちょっと手を入れたような記憶がある。

 

溝口:「魚住」シリーズって、私の印象としては、正統派「JUNE」でなおかつ新鮮でした。というのも、広義のBL史の文脈で考えてみると、1970-80年代の「24年組」の少女マンガ家たちによる「美少年マンガ」でも、過去の辛い経験からトラウマを抱えている美少年が主人公というのはあったし、また、雑誌『JUNE』周辺の、いわゆる「JUNE系」でもそういうのをひきついでいた。「傷ついた子供が、愛によって癒される」のが「JUNEテイスト」だという栗原知代さんによる定義がそれだし、中島梓さんも「小説道場」でおりにふれてそのようなことを書いておられた。で、魚住くんは、過去のヘビーな経験からくるトラウマによって傷ついている美形キャラだという点ではまさに「JUNE系」なんだけど、彼は少年ではなく25才で、優秀な免疫研究者の卵として大学院に所属していて、なおかつ、大学時代は女の子を押し倒しまくっていたっていう。

 

榎田:いや押し倒しまくっていたんじゃなくて、押し倒されていたの(笑)。いわゆる「流され系」というか。本人に生きる気力があまりない。過去が厳しすぎるので、直視しすぎると生きていけない。だから、薄目をあけて、ぼやーっとして、感覚を遮断することで、何とか生命活動を維持している。そういう人。で、なぜ少年じゃなくて25歳かっていうのは、当時の自分の年齢に近いところで書きたかったんじゃないかと思うんです。

 

溝口:で、それを後で『JUNE』に投稿したのは?

 

榎田:もちろん『JUNE』が好きだったこともあるけど、究極的には誰か自分以外の人に読んでもらいたくなったから。で、『JUNE』に投稿すれば、中島梓(作家、栗本薫の評論家名)さんに読んでもらえる可能性があるな、と。それと実際的な問題としては、ほかに投稿できる先は、たしか文学賞もBL出版社も、(400字の原稿用紙)100枚以上とか、けっこう分量が必要だったけど、「夏の塩」はそんなにないし。

 

溝口:文庫で40ページだものね。なるほど。で、中島さんが直接講評していた小説道場としては、ほんとに最後のほうにひっかかったんですよね。では、『JUNE』に投稿した時は小説家になりたいと思っていたわけではない?

 

榎田:だってなれると思わないよ(笑)。『JUNE』から単行本になる道筋もなかったし。

 

溝口:私がBLに研究者兼愛好家として取り組み始めたのは1998年の秋。当時、「魚住」が再開してすぐのころでした。

 

榎田:そう、2年くらいブランクがあって。再開してからもしばらくたって、2000年にやっと初の単行本になった。ほんとにゆっくりでした。で、単行本が出た年についに会社勤めを辞めて。

 

溝口:同じ年に大洋図書でいわゆるBL小説を出したんですよね。

 

榎田:会社を辞めて、小説を仕事としてやっていくからには、ちゃんと仕事にしたい、と、そこでスイッチが切り替わった感じ。読み手のことをはっきり意識して書きましたね。

 

溝口:それが、今やBLのみならずライトノベルの世界でも人気作家になって。2013年には通算100冊記念本も出たんだから、すごいよね。

 

榎田:人気作家(笑)。ありがとうございます。多分、私がラッキーだったのは、2000年の時点ですでに「BLバブル」は終わっていたけど、今ほど深刻な状況ではなかったことと、最初から売れたわけじゃないこと。魚住にしてもほかのBL作品にしても最初はたいして売れなかったし、2003年からライトノベルを発表するようになったら、そっちも決して成績はよくなかった。それでも諦めず続けていくうちにじわじわ売れるようになった。そういう修行期間をすごすことができたのは、今から考えるとよかったと思いますね。

 

溝口:ラノベのほうの「妖琦庵」シリーズの1巻目(『妖琦庵夜話 その探偵、人にあらず』(角川ホラー文庫))を読んだ時に、「妖人」の、見かけでは一般の人間と違うかどうかはわからないのだけど、遺伝子レベルで少し違いがあって、そのためにマジョリティである人間にいわれのない偏見を持たれ、差別されがちだっていう設定に、同性愛差別につながるものを感じて、差別、被差別の問題をテーマにして「妖人」を発想したのかな、と思ったのだけど。でも同時に、美男子やかわいい男子キャラクター満載でもあるので、キャラ先行での発想というのもありえるのかな、とも思ったり。ある日、起きたらふと「伊織」や「マメくん」の姿が見えた! みたいな。

 

榎田:違う違う(笑)。これは完全にテーマが先です。でも、最初からそういったテーマを打ち出すと堅くなっちゃうから、あくまでも「妖怪ミステリー」をベースに。次の巻(5巻目)あたりから、テーマが全面に出てくる予定です。差別の問題への意識っていうのは、「妖琦庵」シリーズだけじゃなくて、私の作品全体、BLにもあると思います。差別されている弱者がいて、それを護ろうとする人がいる、という構図。最初からそう狙っていたというよりも、ある程度、数を書いてから自覚したんだけど。

 

溝口:「魚住」シリーズでは、サリームという、実はイギリス国籍でイギリス人とインド人の混血だけど、インド人に見える人物が第1話から登場して、人種についての問題意識もある作家さんだと思ったけれど、当時は意識的だったわけではないのね。ちなみに、現時点では、榎田さんのBLと非BLのラノベって、どっちの読者が多いですか?

 

榎田:今はラノベのほうが多いようです。もちろん、BLもラノベも両方読んでますよ、といってくださる読者さんもいらっしゃいますが。ラノベのほうが、全国のほとんどの書店さんに置いてもらえるので、BLとの流通の差は大きい。で、最近は「逆輸入」が増えています。ラノベで榎田ユウリを知って、榎田尤利名義のBLを読んでくれるようになる人が。

 

溝口:そういえば、「魚住」シリーズはBL作品だけど、3回目の書籍化は榎田ユウリ名義で角川文庫からですよね。

 

榎田:これはねえ、悩みました。悩んだけど、むしろラノベのつもりで買ってもらって、うっかりはまってもらうっていうのを狙うことにしました(笑)。あ、でも、どこかにBLであることは書いておこうということで、帯に小さな活字で、「心の柔らかい部分を刺激する、BLの伝説的名作」って入れてあるでしょ。もともとはBL作品だっていうことのお知らせはしつつ、でも、大きくBLって書いてあると恥ずかしくてレジに持っていけないっていう人にも手に取ってもらえるようにした。で、「読んでみたらBL要素があって嫌になった」みたいなネガティヴな反響も覚悟していたんだけど、それはなかったですねえ。ありがたいことに。

 

溝口:へえー。後半はけっこうBLらしく、久留米が「攻」で魚住が「受」でのセックス描写もあるのにね。私、「BLを読んでみたいんだけど、どの本が初心者向けですか」、って相談されることがわりとあるので、今度から「魚住」シリーズもおすすめします。

 

榎田:是非!(笑)

次回の対話編ゲストは、マンガ家ヨネダコウさんを迎えてお送りします!

【関連記事】
▶︎第1回 小説家 榎田尤利/ユウリさんとの対話(前編)


■参考作品
夏の塩 魚住くんシリーズ1』(角川文庫)
0c7d443217cf0b09f614b97ecaca590c
カバーイラスト:岩本ナオ
©KADOKAWA CORPORATION

 

Top