三重県伊賀市が同性パートナーシップ証明書発行へ

 

三重県伊賀市が申請があった同性カップルに対して、来年2016年4月から同性パートナーと認める証明書を交付する方針を固めたことが12月27日にわかりました。

同性パートナーを認める公的書類は東京都渋谷区と世田谷区(宣誓書)が、11月から交付を開始していますよね。

兵庫県宝塚市も来年6月からの実施を目指しているので、地方自治体での取り組みがさらに広がることとなります。

伊賀市はLGBTに対する差別解消を市の人権課題に位置付け、LGBT当事者による講演会を開催してきたそうです。

伊賀市の岡本栄市長は交付手続きを規定した要綱を来年3月までにまとめるよう、市の担当課に指示。市は申請者に、証明書に当たる「受領証」を発行します。担当者が近く宝塚市を視察し、申請者の年齢要件など制度設計を急ぐそうです。

宝塚市に続き、三重県伊賀市でも同性パートナー証明書発行という嬉しいニュースが年末に入ってきました!

市レベルだと、広範囲で証明書を受け取れる人たちがいると思います。東京も区ではなく都全体で発行が進むと嬉しいですね!!
SOURCE:産経WEST

 

Top