2016年1月19日(火)にゲイ向け代理出産と卵子提供で子供を持つためのセミナーが日本初開催!

 Comment  ニュース   代理出産              

 

b06f6a4afe63c874071df899de1bf04d

日本人依頼者のためにアメリカ(ロサンゼルス)での不妊治療および生殖医療プログラムのコーディネートを行なっているJ babyが、同じくアメリカに拠点があるカリフォルニア・ファティリティ・パートナーズやア・パーフェクト・マッチ、リプロダクティブ・ロー・センターといった不妊治療や生殖医療プログラムのプロとともに、日本に住むゲイを対象とした代理出産と卵子提供で子供を持つためのセミナー「ゲイのための代理出産と卵子提供セミナー〜子どものいる家族をつくろう〜」を2016年1月19日(火)に東京・渋谷で開催することが決まりました。どのような想い・経緯で当セミナーを開催するのかを詳しく紹介していきたいと思います!!

●そもそも、今回セミナーを開催するに至った経緯とは?
今年11月、東京都渋谷区と世田谷区で同性パートナーシップを認める施策が開始されましたよね! 来年2016年には兵庫県宝塚市や三重県伊賀市も同様な動きを見せ、今後も地方自治体で同性パートナーの権利を認める施策がどんどん広まる可能性があり、同性カップルで生きるだけでなく同性同士で子供を育てる新しい家族の形が日本でもレズビアンマザーを中心に広がりつつあります。NHKが全国に住むLGBT当事者を対象に今秋実施したアンケート調査では、全回答者2,611人のうち「子供がいる」と回答した人は96人にものぼりったそうです(NHK 全国LGBTアンケート調査(平成27年10月実施))。

一方で、ゲイの人たちにとっては自身で子供を産むことができないため、「子供がほしい」という思いをあきらめてしまいがちかもしれません。しかし、ゲイカップルでも子供を授かることは決して夢ではありません。アメリカでは卵子提供と代理出産を利用して子供を迎えるゲイカップルが増えてきているので、日本のゲイカップルにも子供を授かる可能性を知ってほしい、という思いから企画されたセミナーなんです。確かに海外LGBTニュースを見るとオープンリーゲイ俳優などがパートナーとの間に子供を持つケースも増えてきていますよね。

現在、日本では法律による規定はありませんが、日本産科婦人科学会のガイドラインにより、人工授精は法律上の男女の夫婦に体外受精は事実婚を含む男女の夫婦に限り認められています。ゲイだけでなく、日本の医療機関で生殖補助医療を受けることができない多くのLGBTにとって、アメリカでの生殖医療プログラムについて知ることは、子供のいる家族をつくる選択肢が増えることになるはずです(海外で卵子提供や代理出産により子供を授かり日本で育てることは、違法ではありません!)。

当セミナーは、アメリカ・カリフォルニア州で20年以上代理出産を手がけるエージェンシーや不妊治療クリニック、専門の法律事務所と、日本語で不妊治療および生殖医療プログラムのコーディネートを行うによるJ babyの共同開催となります。カリフォルニア州は世界的に見てもこの分野で最先端を行く地域と言われ、代理出産に係る法整備も進んでいるそうです。長年の実績に基づく信頼の置けるチームによる、日本で初めてのゲイ向け代理出産のセミナーは、これから家族を持ちたいと考えるゲイの人たちにとって、とても貴重な機会になること言えるのではないでしょうか。

もちろん、今回のセミナーではレズビアン向けの話もあるそうなので、ゲイだけではなくレズビアンや他のLGBTの方の参加もOK。しかも参加費は無料となります!! セミナーに参加するには、予約制となっているので興味がある人は、まずは予約しましょう!! 2CHOPOでは、今後もさまざまなセミナーを紹介していく予定なので、こういったセミナーが開催されるのは大歓迎です!

最後に当セミナーの開催のコーディネートを担当しているのは2CHOPOの連載でおなじみの東小雪さん・増原裕子さんのお二人です。このセミナーにかける想いを以下のように語っていただいています。

29a20b74b9f22575aa7fcf142aa3620d
「日本でもレズビアンマザーは少しずつ増えてきていますが、ゲイファザーはまだほとんどいません。日本には生殖補助医療に関する法律が何もないため、アメリカに渡り代理母出産で子供を授かることは、もちろん違法ではありません。

今回のセミナーでは、長年の実績があるプロフェッショナルのチームがアメリカ西海岸から来日して、法律や医療など様々な面から、最先端の情報について学ぶことができます。

LGBTであってもそうでなくても、子供を持ちたいと願うことには違いがありません。これまであまりオープンに語られてこなかった、ゲイの方たちが子供を持つ可能性について、みなさんと一緒に考えていきたいと思います」

みなさんぜひ参加してくださいね!

<セミナー概要>
ゲイのための代理出産と卵子提供セミナー〜子どものいる家族をつくろう〜
日時:2016年1月19日(火)19:00〜21:45
場所:TRUNK BY SHOTO GALLERY 3階(東京都渋谷区松濤1-5-4)
内容:*通訳が入ります。
1. J babyによるロサンゼルスでの日本語による生殖医療コーディネートについて説明
2. 実際に代理出産に挑戦しているゲイカップルの体験談
3. クリニックの医師による医療的側面の説明
4. 代理出産エージェンシーによる説明
5. 専門の法律事務所による法的側面の説明
6. 質疑応答
参加対象者:主にゲイの方が対象ですが、アメリカでの生殖医療プログラムに興味がある方であればセクシュアリティを問いません。
セミナー参加費:無料(当セミナーは予約制です)

▶︎予約の申し込みはこちら

協賛(会場提供):TRUNK BY SHOTO GALLERY

 


<セミナー主催者紹介>
■ J babyについて
72ddaab26839971433265bfc8df5c5cd
J babyは日本人向けに米国ロサンゼルスにて不妊治療および生殖医療プログラムのコーディネートを行なっています。提携クリニックCFPにて卵子提供プログラム、代理出産プログラム、精子提供プログラム、着床前診断や男女産み分け、HIVプログラムなど、各種治療プログラムが受けられる環境と情報を提供しています。またエッグドナーエージェンシーとして厳しい審査と検査を通過した、心身ともに健康な日本人エッグドナーをご紹介することが可能となっています。日本人スタッフが、医療と法律、エッグドナー、代理母のそれぞれの架け橋となり、煩雑な海外での治療を安全・安心に実現可能へと導きます。

■カリフォルニア・ファティリティ・パートナーズについて
68affec052913376da9dde7feafb7c7f
カリフォルニア・ファティリティ・パートナーズ(CFP)は全米の主要な生殖医療センターのひとつです。高度に専門化されたこの医学領域において、当センターの医師たちは30年以上にわたり最前線に立ち続け、世界初となる体外受精(IVF)による出産の数例を成功させました。患者にはそれまでの治療が不成功の方々も多く、そういったさまざまな方々の妊娠と出産を実現するための治療技術の高さは世界的に認められています。すべての方々に家族を持つ権利があると信じ、早くから同性愛者の家族構築の手伝いもしています。CFPの使命はひとりひとりに合わせてケアを行いつつ、最高水準の医療を提供することです。

■ ア・パーフェクト・マッチについて
0c98971ecd372bafc985076fab0aa866
ア・パーフェクト・マッチ(APM)は、国内および海外のお客様が代理出産を介して親になるという夢の実現を支援しています。アメリカで最初のエージェンシーの一つとして1998年に設立され、APMは健康で一定の基準を満たした代理母の募集に特化しています。私たちの代理出産プログラムを通じて1,000人以上の赤ちゃんが生まれました。私たちは婚姻関係の有無や性的指向に関係なく、親になりたいと純粋に願う全ての人をサポートすることに熱心に取り組んでいます。私たちは両親になりたいお客様と代理母と、代理出産の全プロセスを通してサポートする専門家との橋渡しの役割を果たしています。

■リプロダクティブ・ロー・センターについて
abc53a56e6a594e188f01dc488c06e3c
代理出産、卵子提供、受精卵提供、精子提供をお考えの場合、リプロダクティブ・ロー・センター(RLC)がお手伝いすることが可能です。RLCは代理出産とリプロダクティブ・ライツ(性と生殖の権利)の領域で、アメリカ国内および国際法の第一線の動きに関わっています。私たちはお客様のプライバシーを保護しながら、生まれた子どもに最大限の法的な権利を保障するのに必要な、生殖法の最先端のサービスを提供しています。私たちのフレンドリーで知識豊富なスタッフがお客様のご希望を満たすお手伝いをします。

【アメリカでの生殖医療プログラムに関するお問い合わせ先】
J baby 担当:斉藤 賢二
TEL: 03-3505-6514(東京オフィス)、310-990-6944(ロサンゼルスオフィス)/ E-mail: kenji@jbaby.com

【本セミナーに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】
株式会社トロワ・クルール 広報担当:増原 裕子
TEL: 080-4189-6996 / E-mail: h.masuhara@3couleurs.co.jp

 

 2015/12/30 18:00    Comment  ニュース   代理出産              
Top