記事一覧

第79回 自分を傷つけた人を許すという選択

  「二度と顔も見たくない!」   いつかそう思った昔の男と座ってまた話している。思い出の中でデートを楽しんでいた私たちは、今や知り合い以上友達以下な関係である。古傷に触れないように、さっきから当たり障りのない小話で気まずい間を埋めている。あんまり昔の話なので、私たちの間に何が...

第78回 片思いの彼と二人目のパートナー

  寒いトロントの冬を乗り切ろうとショッピングモールで暖かいセーターを探していると、密かに片思いを寄せている人が自分に向かって歩いてくるのが見えた。片思いといっても、思春期の初恋のような切実なものではなく、色んな意味でもっと近寄りたいと願うカジュアルな恋だ。しかし、それでも片思いは片思...

旦那が欲しかったプレゼント

一番メンドクサイ時期が訪れた。寒くて財布がスッカラカンになるクリスマス。大人になって今更クリスマスなんてアホらし、なんて思いながらKFCのチキンにしゃぶりついていた20代。スペインに来てからKFCなんて食べてない、街に1店舗のみ営業している我らが街のKFCはさぞかし多忙なクリスマスだったのだろう。と思いきや...

第77回 気になるならデートに誘ってしまえ

  結果ばかり考えてしまって行動に移せない。最近そうやって足踏みをすることが増えた気がする。まだ何もしていないのに、既に失敗の光景を頭の中で思い描いてしまう。頑張って全てがうまくいった時の光景を想像しようとしても、それが現実にならなかったらどうしようという不安に邪魔される。歳を取って、...

舞台「プリシラ」「Take me out」「ノートルダムの鐘」を観て

お久しぶりです。青木結矢です。   今月舞台を三本「プリシラ」「Take me out」「ノートルダムの鐘」を観て来ましたのでそのことを少し。   まず「プリシラ」。 誰でも知ってる映画のミュージカル化。ブロードウェイ(BW)では超低予算ミュージカルなのに大ヒットなんて言われてましたね。 俺も映画は大...

第76回 過去を取り戻したところで、もう同じものではない

  「出会ったばかりの頃の情熱を取り戻したい!」   最近ときめきがないという友達は倦怠期脱出を目指していた。デートでよく行ったレストランで食事して、お互いに勝負パンツを履いてセックスに励んで、昔のように頻繁なメール交換を試みたが、過去と同じようなシチュエーションに身を置いたと...
Top