廣橋 正

ART DIRECTOR

旅行好き。イタリア好き。映画は1年に120本以上劇場で鑑賞。趣味は料理と園芸。新宿2丁目と神宮前2丁目をこよなく愛する。LGBT関連のさまざまなデザインを手がけるレインボーデザイナー。

投稿記事一覧

世界ではじめて同性カップルを認めた町、コペンハーゲンへ。vol3.(豊かな暮らし篇)

  デンマークは、『世界で一番幸せな国』だと言われている。 これは国別の幸福度調査(レスター大学、ワールドバリューズサーベイ、ユーロバロメーター、ワールドハピネスレポート、ギャラップワールドポールなど)において、デンマークは1位、もしくは常に上位にランクインしているからだろう。 多くの国...

世界ではじめて同性カップルを認めた町、コペンハーゲンへ。vol2.(観光・レストラン・ゲイバー篇)

  大人が愉しめるパリを知っている。 永遠の都ローマの夕陽も眺めた。 バルセロナのサグラダファミリアでは息を呑んだ。 さて、次に目指すヨーロッパはどこなんだろう……。 なぜだか僕には、「北欧はとても遠い」「北欧は飛行機が高い」という心理的距離感があった。それが実際に調べてみると、パリやロー...

世界ではじめて同性カップルを認めた町、コペンハーゲンへ。vol1.(LGBT篇)

  アメリカでは今年の6月、ようやく全州において同性婚が認められたのだけど、世界ではじめて同性婚が認められたのは、2001年のオランダだと僕は思っていた。 それがなんと、1989年にデンマークにおいて、登録パートナーシップ法(ほぼ同性婚に近いものだが養子は貰えない)というものが世界で一番最初に出来...

【短期集中連載】いざ!多様な花咲くトロントへ。Vol.3[LGBTライフ篇]

リズはふくよかで、化粧っ気がない短めの髪のレズビアン。 LGBT旅行会社に勤めながら、トロントのパレードにおいても活躍しているため、一緒に歩いていても人が寄ってくるほどの有名人。今回、リズの世話焼きオバちゃん的な親切のおかげで、チャーチストリートを中心としたVillageの様々な場所を案内してもらえた……と...

【短期集中連載】いざ!多様な花咲くトロントへ。Vol.2[観光篇]

ニューヨークが好きで学生の頃から20回以上訪れていた僕は、友人が、「ニューヨークに遊びに行くついでにナイアガラに寄って来ようと思うんだけど…」などという言葉に、「ニューヨークまで行って、なんでわざわざ滝なんか見に行くの?」と切り返していた。 それが、実際にナイアガラに行ったら…… 全身鳥肌が立つ大...

【短期集中連載】いざ!多様な花咲くトロントへ。Vol.1[ゲイバー篇]

  たとえば1週間休暇ができたら、あなたはどこに旅に出るだろうか? ギリシャのサントリーニ島で毎日夕陽を眺めるのもいいし、パリの左岸をじっくり散策するのもいい。ニューヨークで博物館やミュージカル三昧もいいだろう……。でもちょっと目先を変えて、カナダというのはどうだろう? 僕は正直、今までカナダと...
Top