よしひろまさみち

ライター・編集者。東京都新宿区生まれ&育ち。出版業界キャリアの最初が、創刊2年目の「バディ」編集部(マーガレット&ブルボンヌ体制でマツコと同期)。その後、「薔薇族」、「G-men」でライターを務める一方、音楽誌、情報誌、女性誌などの編集部を経て独立。映画を主軸に、音楽、舞台、食、旅などのカルチャーを専門に取材・執筆中。現在、「sweet」「otona MUSE」にて編集/執筆を担当するほか、「SPA!」「oz magazine」「ELLE Online」など、雑誌を中心に映画レビュー、インタビューなどを連載中。日テレ系「スッキリ!!」にて月一で映画紹介を担当するほか、テレビ、ラジオなどでも出演・監修を務める。

投稿記事一覧

最終回 ハリウッド作品をクィア・リーディングする『セルロイド・クローゼット』

いきなりですが最終回です。諸事情ありまして〜。ごめんなさいね。そんなわけで、この連載を始めるときから、最終回はコレ、と決めていた作品を紹介します。 この連載は、ありとあらゆるある映画の中にあるLGBTQ要素を引っこ抜くというテーマだったんですが、その教科書ともいえるのが、今回紹介する『セルロイド・ク...

第15回 DVの恐怖、セクマイの苦悩と葛藤を描いた『トム・アット・ザ・ファーム』

  第2回で紹介した『わたしはロランス』。もう観たよね? ね? ね!?(大事なことなので3回言いました)あの名作を紡ぎ出したカナダの美ゲイ俊英ことグザヴィエ・ドランの作品が、来週から公開されるので紹介します。『トム・アット・ザ・ファーム』は、『〜ロランス』の次に作られた、彼にとっては4本目の長編...

第14回 ラテンビート映画祭にゲイ映画!『ブエノスアイレスの殺人』

文化の秋到来ですなぁ。秋は映画祭の季節でもありまして、第27回東京国際映画祭が今月末に開催されるほか、もう一つ注目の映画祭が東京を皮切りに、大阪、横浜で開催されます。それが「ラテンビート映画祭」。これ、なにげに11回を数える人気映画祭でして。理由はもちろん、日本でなかなかお目にかかれない、スペイン語...

第13回 差別的な時代に生きた、息子を探す母の物語『あなたを抱きしめる日まで』

ぜひともご覧いただきたい感動作がもうすぐDVDがリリースされるので、先取りでご紹介しちゃう!それが『あなたを抱きしめる日まで』。2013年のアカデミー賞で主要4部門候補入りしながら、日本での公開は今年春だったという遅れをとった傑作です。一見すると、どこにもLGBTQが見当たらない作品なんですが、けっこうなオチ...

第12回 エイズとの戦い×意識改革がテーマ『ダラス・バイヤーズクラブ』

今年のアカデミー賞で主演男優賞と助演男優賞をゲットした『ダラス・バイヤーズクラブ』がはやくもソフト化されましたよ〜。これねー、日本では公開規模がビミョーに小さかったので、見逃した方も多いのではなかろうかと。アクションとか視覚効果的なものはほとんどないので、テレビサイズでもぜひご覧いただきたいの〜...

第11回 ロビン・ウィリアムズが示した「人生のセンス・オブ・ユーモア」

突然のことでなにがなんやら……。命は無限じゃなくて、その終わりは年功序列でもないことは重々承知の上ではあるんです。今年だけでも、有名人ではドラッグの過剰摂取でフィリップ・シーモア・ホフマンやピーチズ・ゲルドフ(「Do They Know It's Christmas?」のボブ・ゲルドフの娘)などがこの世を去り、自殺だと2012年...

第10回 『アナと雪の女王』に観る、ディズニー映画の変革

劇場はバカ当たり、ソフトも売れに売れまくっている“アナ雪”こと『アナと雪の女王』。もうここまで社会現象になってしまった映画ってのも(しかも洋画でアニメーション)、本当に久しぶりですわよね。ディズニー的にはそれまで『ライオン・キング』と『ファインディング・ニモ』が持っていた記録を抜いたばかりか、全...

第9回 『トスカーナの休日』

第23回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭、行きました〜?あたしも『アゲインスト8』、『フリーフォール』、『湖の見知らぬ男』を見直しに行きました。今回は非常に多くの人に足を運んでいただけて、あたしとしては超うれしいです。ご来場いただけなかった方々、来年は是非!とっても楽しいイベントですよ〜。今回の人気の...

第8回 カリフォルニア州の同性婚を巡るドキュメンタリー『アゲンスト8』

7月7日の夜は新宿2丁目AiSOTOPE LOUNGEで“TILGFF × 2CHOPO 「にじいろ☆シアター」スペシャルトークショー”を開催し、お足元が悪いなか、たくさんの方にお集まりいただきました。この場を借りてお礼を。ありがとうございました。 さて〜。前回に引き続き、第23回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭の件でございます。 ...

第7回 『アイム・ソー・エキサイテッド!』

はい、みなさ〜ん。7月は恒例の「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」ですよ〜。お忘れの方、即チェックよろ! 今年で23回を数えるこのイベント。振り返りますと、割とコンスタントにチョイスされている出品作としてスペインの作品が挙げられます。スペインといえば、欧州映画界のクィーン、ペドロ・アルモドバル様がお...
Top